自分の思ったとおりの結果が出ない時には Yahoo!知恵袋より 2015年11 | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景
 
自分の思ったとおりの結果が出ない時には Yahoo!知恵袋より 2015年11月24日
2015/11/24
コーチング

自分の思ったとおりの結果が出ない時の相談への回答

 

ボトルボイス所属カウンセラー/コーチはYahoo!知恵袋で専門家として、

皆様の悩み、疑問にお答えしております。

 

夢を叶えるためにやりたい道に進んだけどうまくいかなかったとき、

日常で想定外のことが起きたときにパニックになったり、

 

自分の思ったとおりの結果が出ない時の参考となる回答を一部ご紹介します。 

あせる猫

 

Q.安定を捨てて夢を叶えたけれど思っていたのと違う…

やりたいことがあり、それを叶えたるために安定を捨て夢を叶えました。

 

自分が夢描いてた時よりも実際にやってみると思ってたのとは違ったりとで

最後までやりとげた(学校に通いました)のですが思うような結果でないのと、

 

今それを活かせ仕事につけるわけでもなく、

とりあえず学んだことと関係ない仕事を探してるのですが今は就活もうまくいきません。

 

やらなかったら後悔していたのでやれてよかったのですが、結果が思っていたのと違ったのと、

今の現状がうまくいかず「やらない方がよっかたのかな~などなど」マイナスなことを考えてしまいます。

 

A.

メンタル心理カウンセラーのNOBUEです。

 

やりたい事があり、それを叶えた事。

そして、最後までやりとげた事。



その行動力、実行力を持っていることを、
自分の自信に変えて、マイナスな受け取り方をしないで下さいね。



今、その事が直接的に現実につながっていなくても、

必ずこの経験が生かされる事がありますよ。


時間が経過して「やっぱり良かった」と思う事もたくさんあります。

頑張って下さい。

 

質問と回答全文はこちら(Yahoo!知恵袋へのリンク)

NOBUE

メンタル心理カウンセラー NOBUE

 

Q.いつもと違うことが起こると気が動転してしまい正常な判断ができない

私は、いつもと違うことが起こると正常な判断ができず、すごく気が動転してしまいます。

例えば電車が人身事故で遅れていたら、

 

有り得ない程遠回りな行き方で行ってしまったり、
乗りたいバスに乗れなかったとき、走ってバスに追い付こうとしたり、

そして車にひかれそうになったり。

有り得ない失敗ばかりしてしまいます。


人見知りで人に話しかけることが苦手なのに、

気が動転すると大きい声で聞いたり。そういう自分がすごく嫌です。


どうしたら落ち着いて対応できるようになりますか?

 自分が嫌で恥ずかしくてどうしようもありません。

 

A.

上級心理カウンセラーの熊山 達也です。

 

「有り得ない失敗ばかりしてしまいます」と言っていますが、
あなたの言動は、決して失敗などではありません。


焦燥感や不安感が、周りの人よりも少し強いだけです。
安心して下さい。

人間は、ストレスや脅威に感じる状況に直面すると、

体は脅威から逃れるために激しい運動をするための準備をします。


ですから、あなたの反応は、人間の自然な反応だという真実を理解してください。

まったく恥ずかしいことではありません。



アドバイスとしては・・・

①姿勢を良くして深呼吸をする

気が動転した時は、「姿勢をよくして、肩の力を抜き、ゆっくりと深呼吸して下さい」。



②「いま」と「ここ」に意識を100%集中する
不安を感じるのは、未来へ向かうのに忙しすぎて、

「いま」の価値が、ゴールに到達するまでの手段になっているからです。


不安は、「現在」にいながら、「未来」にいたいと思うことで生まれます。


 激しい不安を感じた時は、立ち止まって、自分が今、持っているよいものを眺め、

それに対して感謝して下さい。


③結果に執着しない
「いま、この瞬間」どんな問題があるか、自分に尋ねてみて下さい。

 

来年でなく、明日ではなく、五分後でもなく、「いま、この瞬間」です。

 

「いま、この瞬間、どんな問題があるだろうか?」と。
私たちは、いつでも「いま」になら、取り組めますが、未来に取り組むことは絶対に不可能です。



④思考を止め、感情を観察する人になる

その瞬間の感情を「観察」してみてください。

 

ただ単に、目撃し、観察するだけです。

頭で考えるのではなく、体全体で感じて下さい。

 

「思考」は分析すればするほど増殖し、肥大化して止まらなくなります。

逆に、ただ単に、目撃し、観察すると自然に消滅していきます。

 

すると、不安で苦しんでいた「にせの自分」は消えてしまいます。



ご参考になれば幸いです。

 

質問と回答全文はこちら(Yahoo!知恵袋へのリンク)

熊山 達也

上級心理カウンセラー 熊山 達也

 

このページをシェア
 

現在63名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 
自分の思ったとおりの結果が出ない時には Yahoo!知恵袋より 2015年11月24日
自分の思ったとおりの結果が出ない時には Yahoo!知恵袋より 2015年11月24日

2015/11/24
コーチング