【プロコーチ 西畑 良俊】子育てで一番大切な思い | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景
 
【プロコーチ 西畑 良俊】子育てで一番大切な思い
2016/04/13
子育て

 【プロコーチ 西畑 良俊】子育てで一番大切な思い

 

子育てで一番大切な事って何でしょうか?

 

子供をほめる父親

 

 

 将来、親元を離れて自立していく子供に、ただひとつ、

 

この思いだけ持っていればどんなことがあっても生きていける。

 

そんな思いがあると思っています。

 

それは、

「自分はできる!」

「自分は絶対だいじょうぶ!」

 

という思いです。

 

この思いがあれば、どんな困難ぶつかっても、

そこから学び、それを糧にして成長し、進んでいくことができると思います。

 

 

先生から自信をもらった小学生のお話

 

みなさんは小学5年生の担任の先生だと想像してください。

 

クラスの中にだらしがなく、いつも覇気が感じられない子供が1人います。

どんなに熱心に指導してものれんに腕押し、だんだんその子が嫌になり始めました。

 

中間記録に先生は、その子供の悪いところばかりを記入するようになりました。

 

ある時、その子供の一年生の記録が目にとまりました。

「朗らかで、友達が好きで、人にも親切。勉強も良くでき、将来が楽しみ。」

 

 

間違いだ。

他の子の記録が間違えて書かれている。先生はそう思いました。

 

二年生になると

「母親が病気で世話をしないといけなく、時々遅刻する」

と書かれていました。

 

三年生では

「母親の病気が悪くなり、疲れて教室で居眠りをする」

 

三年生の後半では

「母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる」

 

四年生になると

「父は生きる意欲を失いアルコール依存症、子供に暴力を振るう」

 

 

先生は激しい胸の痛みに打ちひしがれました。

 

ダメな子と決め付けて、悪いところばかり目に付いていたこの子は、必死に悲しみを生き抜いているんだと。

 

 

放課後、先生は子供に声をかけました。

「先生は夕方まで教室で仕事をするから、あなたも勉強していかない?分からないところは教えてあげるよ」

 

子供は初めて笑顔を見せました。

 

それから毎日、子供は教室で熱心に勉強を続けました。

 

勉強している子供

 

 

授業中、その子が初めて手を挙げたとき、先生に大きな喜びが湧き上がりました。

 

この子に自信が生まれてきている。

 

 

クリスマスの日、その子供が小さな包みを先生に押し付けてきました。

開けてみると香水の瓶でした。

 

亡くなったお母さんが使っていた物に違いない。

先生はその一滴をつけ、夕暮れに子供の家を訪ねました。

 

雑然とした部屋の中で一人で本を読んでいた子供は、先生に気がつくと飛んできて胸に顔を埋めて叫びました。

 

「ああ、お母さんの匂いだ!今日はステキなクリスマスだ!」

クリスマスカード

卒業のとき、先生に少年から一枚のカードが届きました。

「先生は僕のお母さんのようです。そして今まで出会った中で一番素晴らしい先生でした」

 

それから六年後、

「明日は高校の卒業式です。僕は五年生で先生に担当してもらってとても幸せでした。おかげで奨学金をもらって医学部に進学することができます。」

 

 

そしてまたカードがきました。

そこには先生に出会えた事への感謝と、父親に叩かれた体験があるから患者の傷みがわかる医者になれると記され、こう締めくくられていました。

 

「僕はよく五年生のときの先生を思い出します。

あのままダメになってしまう僕を救ってくれた先生を神様のように感じます。最高の先生です。」

 

そして一年。届いたカードは結婚式の招待状でした。

「母の席に座ってください」と一行、書き添えられていました。

 

月刊到知(到知出版社)平成17年12月号より

 

 

どうしてこの子供は変わることができたのか

 

ただの美談としてではなく、どうしてこの子は変われたのか考えてみましょう。

 

たまたま見つけた1年生の時の記録から、

 

先生は、この子供の背景を知り、「本当は輝ける!」と信じて、教室で一緒に勉強していかない?と語りかけました。

 

子供は、その言葉に「自分の存在を認められている」と実感でき、安心することができたのです。

だからこそ、この子供は変わることができたのです。

 

子供の背景を知った上で、「この子は本当はもっとできる!」と心から思って語りかけた言葉だからこそ、

この子供の心の琴線に触れて、喜んで教室で勉強することができたのだと思います。

 

人は信じられると、本当に信じるに値する存在になる。

 

「自分はできる!」

「自分は絶対だいじょうぶ!」

と、自分自身を信じることができれば、その子は立派に育ちます。

 

西畑良俊

 プロコーチ 西畑 良俊

 

 

 

 

 

このページをシェア
 

現在65名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 

おすすめ記事

 
【プロコーチ 西畑 良俊】子育てで一番大切な思い
【プロコーチ 西畑 良俊】子育てで一番大切な思い

2016/04/13
子育て