アスペルガー症候群の方との接し方 | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景
 
アスペルガー症候群の方との接し方

アスペルガー症候群をご存じの方もいらっしゃると思いますが、

アスペルガー症候群は脳の疾患の可能性も指摘されています。

 

特徴

コミニケーションが下手、自分は悪気はなくても相手を不快にさせてしまう。回りの空気が読めない。

等ありますが、決して理解ができないわけではありません。

根気強く長い目で接することができれば、理解が進みます。

◯◯をしてはいけないなど否定的な言葉ではなく、

◯◯すればいいよと肯定的な言葉がけをした方がよいです。

どうしても得意な分野と苦手な分野がはっきりしますので、本人が苦手な分野に関しては矯正しようとせずに、

得意な分野に目を向けてください。

 

 

気持ち

 

また、アスペルガー症候群の方は、傷付いています。

何故自分は人と接しているだけで傷つけてしまうのだろう?

その結果自らコミニケーションを積極的に取らなくもなりかねません。

周囲から孤立する事も珍しくありません。また、その結果精神的に追い詰められているのが可能性もあります。

アスペルガー症候群の人とどう接したら良いのか分からない。精神的に成長するの?等の質問もいただきましたが、

忍耐強く、正直に誠意をもって接していただけますでしょうか?

一度に多くのことや、曖昧で抽象的な内容を苦手としていますので、

短く一個のことをはっきりとお伝えください。

 

 

正直に話す

 

私はいつも同じような事を言います。

長い目で接してあげてください。また、不快な時には正直に話してくださいと。

その際は、不快であると伝えるよりも、こうしてくれるとうれしいと伝えましょう。

 

アスペルガー症候群の方は子供の頃から発症します。

ですので自分に憤りを感じている方が多いです。

周囲から見ると何が原因で怒っているのか?葛藤を抱えている場合があります。アスペルガー症候群の方も一人の人間です。

脳の疾患と言われているようですが、普通の感情を持っています。

人を好きになったり、嫌いになったり、喧嘩したり、とさまざまな感情を持ち合わせています。

また近年、ADHDと間違われる事がありますが、全く違う症状です。 

 

 

 

産業心理カウンセラー 犬上佳政

 

このページをシェア
 

現在63名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 
アスペルガー症候群の方との接し方
アスペルガー症候群の方との接し方

2016/06/13
メンタルヘルス