幸せな子どもが育つ「ご機嫌な家庭」のつくり方 「産後クライシス」をふっとばせ! | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景
 
幸せな子どもが育つ「ご機嫌な家庭」のつくり方 「産後クライシス」をふっとばせ!
2017/06/07
夫婦

2012年頃から『産後クライシス』という言葉が聞かれるようになりました。

 

「産後クライシス」とは、出産後から2~3年ほどの間に、夫婦仲が悪化するという現象を指します。

 

「熟年離婚」のきっかけも、この「産後」にあると言われていたりします。

 

子育て調査

 

 

上の図の通り、妊娠期には「配偶者といると、本当に愛していると実感する」割合は、夫も妻 も74.3%と高く、その差はありません。

 

しかし、出産後は、妻も夫も「相手を本当に愛していると実感する」割合は大きく減少していきます。

 

特に、妻はその減少が著しく、子どもが0歳のときは、45.5%、1歳で36.8%、2歳では34.0% と、急激に減っていきます。

 

これが「産後クライシス」です。 では、この「産後クライシス」を防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

「妻の愛情が下がった夫婦」と「妻の愛情が下がらなかった夫婦」を比べてみると、

 

「夫は家族と一緒に過ごす時間を努力して作っている」「夫は私の仕事、家事、子育てをよくねぎらってくれる」

 

と感じている妻の方が、愛情が下がらないということがわかります。

 

夫が家族と一緒に過ごすように努力すること、そして、妻の家事や育児・仕事をねぎらうことは、

 

妻が夫への愛情を保つために非常に重要だということです。

 

特に、子どもが小さいうちは、男性は30代40代の働き盛りです。

 

なかなか子育てに関われないからこそ、妻へのねぎらいや感謝の言葉をこまめに贈ることが、

 

妻の愛情低下を防ぐ鍵になるのだと思います。

 

一方、こんな調査結果もあります。

 

子育て調査2

 

愛情曲線

 

東レ経営研究所ダイバーシティ&ワークライフバランス研究部長の渥美由喜(あつみなおき)さんが、

 

かつて「女性の愛情曲線」について、調査されたものです。

 

この調査は、女性たちにライフステージごとに愛情の配分先の変化を回答してもらったものです。

 

結婚直後、愛情の配分先のトップは夫です。

 

そして、妊娠・出産を経て、かつて夫へ注がれていた愛情は、子どもへ注がれるようになります。

 

そんな中で、出産直後から、女性の愛情が夫へと徐々に回復していくグループと、低迷し続けるグループに分かれるのです。

 

夫への愛情が回復したグループは、大変な乳幼児期に、「夫と2人で子育てした」女性たちでした。

 

反対に、「私1人で子育てした」女性たちの夫への愛情は低迷し続けたそうです。

 

ポイントは、女性に「一緒に子育てした」と思ってもらうこと、そういう実感を持ってもらうことです。


 

男性が、「自分も子育てをした」と思うことではありません。 あくまで、主体は、女性(=妻)です。

 

そこで大事になるのが、先にご紹介した『愛を伝える5つの方法』です。

 

問題解決志向の強い男性は、女性に愛を伝えようと思って、「サービス行為」をしてしまいがちです。

 

それで、「愛を伝えた」つもりになってしまいます。

 

しかし、共感欲求が高い女性の多くは、実は、「何かをしてもらうこと」よりも、

 

「一緒に時を重ねること」を求めているのです。 (もちろん、あくまで多くの場合の話であって、それがすべてではありませんが。)

 

そんな男女の脳の違いを、書き記した本も、たくさん出ています。

 

あくまでも、一般論として、「違いがある」ということを認識することは非常に重要です。

 

我が家でも、こういった学びを通じて、お互いの違いを認識したことから、

 

お互いに心地よく 生きる術を学んで、実践し、確実に快適に過ごせるようになったという経験があります。

 

幸せな子どもが育つ「ご機嫌な家庭」のつくり方 自己紹介と妻との馴れ初め

 幸せな子どもが育つ「ご機嫌な家庭」のつくり方 島での新婚生活

幸せな子どもが育つ「ご機嫌な家庭」のつくり方 宮崎で出会った3つの学び

幸せな子どもが育つ「ご機嫌な家庭」のつくり方 感情は、しっかり感じて、解放しよう!

幸せな子どもが育つ「ご機嫌な家庭」のつくり方 そもそも、何で育児に参画?

幸せな子どもが育つ「ご機嫌な家庭」のつくり方 僕の『イクメン』の背中を押した一言

幸せな子どもが育つ「ご機嫌な家庭」のつくり方 子育ての肝は夫婦関係

 

西畑良俊

 プロコーチ 西畑 良俊

 

 

 

このページをシェア
 

現在63名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 

おすすめ記事

 
幸せな子どもが育つ「ご機嫌な家庭」のつくり方 「産後クライシス」をふっとばせ!
幸せな子どもが育つ「ご機嫌な家庭」のつくり方 「産後クライシス」をふっとばせ!

2017/06/07
夫婦