~立ち直るためには後悔ではなく反省をすること~ カウンセラー熊山達也の平和を感 | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景
 
~立ち直るためには後悔ではなく反省をすること~ カウンセラー熊山達也の平和を感じる『純粋な意識』

「他人の心を傷つけてしまった事をいつまでも後悔している人はいませんか?」・・・

 

後悔をして、自分を責めて、自己憐憫に浸ることは、

事実と向き合うことから逃げてしまう人間のエゴです。

 

このエゴが人間の苦しみの根源でもあります。

自分を責めても何も解決にはなりませんし、立ち直ることはできません。

 

立ち直るためには、後悔ではなく、反省をすることです。

 

自分を責めて逃げるのではなく、あるがままをすべて素直に受け入れて内省し、

次に同じような場面では、他人の心を傷つけないようにすると決意することです。

 

そして、あなたのハートに存在する大いなる愛で、その人に対して謝り感謝して下さい。

あなたの気持ちは相手に伝わるでしょう。

 

「すでにそうであるもの」に対して、抵抗したり分析したりするのではなく、

「あるがままをすべて素直に受け入れること」ができた時、あなたの心は解放され、自由を獲得します。

 

 

自然

 

 

反省する中で、怖れ、不安、怒りなどの感情が湧き起ったら、

 

その感情に対して頭の中で思考を使って反応するのではなく、

身体全体で感じてみて下さい・・・・・

 

頭のてっぺんから足のつま先までスキャンするイメージで

身体全体で感情を感じて下さい。

 

思考を使って「ああでもない、こうでもない」と考えるのではなく、

ただ単に、身体全体で感情を感じて下さい。

 

そうすることによって、怖れ、不安、怒りなどの感情は自然に小さくなっていき、そして消え去ります。

 

「感情は頭で考えるものではなく、身体で感じるものなのです!」

 

 

熊山達也

 

カウンセラー 熊山 達也

 

このページをシェア
 

現在63名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 

おすすめ記事

 
~立ち直るためには後悔ではなく反省をすること~ カウンセラー熊山達也の平和を感じる『純粋な意識』
~立ち直るためには後悔ではなく反省をすること~ カウンセラー熊山達也の平和を感じる『純粋な意識』

2017/10/03
こころの仕組み