意見や価値観が違う夫婦の対話のポイント   | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景
 
意見や価値観が違う夫婦の対話のポイント  
2015/08/06
夫婦

今回は意見が違う夫婦が離婚になる前に、対話をすべきポイントを3つお伝えします

違う家庭環境で生きてきた2人が結婚して生活を共にする

するとお互いの意見や価値観が合わない事も多いですよね。


夫は、実家が1番!!
奥様は、今の家庭を大切にして欲しい。

夫は、交際費にバンバン出費する。
奥様は、体裁にはこだわらない。

夫は、子供は叩いてでも躾けるべき。
奥様は、体罰は子供に悪影響を与える。

夫は、浮気は男の甲斐性。
奥様は、浮気は許さない。


こうして書き出したのは
全て悩んでいる奥様からお聞きしたことです。



冷静に見直して見ると
奥様はごくごく正論を言っているのです。


でも、ご主人様は
至って真面目に自分の持論を説くので
話は並行線です。


すると


結婚してても疲れて孤独になって
この人は、もうダメ!!って
離婚への道をまっしぐらになっていませんか?



意見が合わない2人が

大切な話をする時。


まず、ゆっくり話をする準備をしましょう。

時間
時間の確保
 
  旦那さまが他に気が奪われないように
  1.2時間を確保します。
  
  ( 時間の確認をしておかないと
    途中で形勢が悪くなると逃げられたりします。)

いす
環境の確保

  2人が落ち着いて椅子に座り
  ゆっくり話せる空間の確保する。
  
  ( 向き合ってしっかり話さないと
    後で聞いてなかったなんて言われたりします。)

ハート
心の確保

  理解不能な持論であったとしても
  相手の言い分を受け入れる 
  あなたの心のゆとりを確保する。
  
  ( 正論を振りかざしても、
    相手は、絶対納得しません。
    対話の鉄則はまず
    相手の意見を受け入れるべし。)

 



このようなポイントを押さえないで

思い出した時に
相手の機嫌を見ないで話を切り出したり

問題行動が発覚した時に
感情的になって相手を責めたり

 

問題の解決と夫婦関係をよりよいものにしていくために、

まずは、3つのポイントを押さえて話し合いを始めてください。

明希みさ

メンタル心理カウンセラー 明希みさ

 

このページをシェア
 

現在65名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 

おすすめ記事

 
意見や価値観が違う夫婦の対話のポイント  
意見や価値観が違う夫婦の対話のポイント  

2015/08/06
夫婦