1番近くて遠い人との距離。親子の関係。 | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景
 
1番近くて遠い人との距離。親子の関係。
2015/09/10
子育て

親の愛情、子の成長って、なかなか折り合わないものです。

 

親は、子の社会的、経済的成功、身体的な健康を願い、
子供は、親に認めてもらいたいと思うのは普通のことです。

 

子が、何かをしたいと言うと、親は愛情からアドバイスします。
「それじゃ食べていけない」、「考えが甘い」、「こうした方がいい」、など。

 

一方の子は、自立したい、自信を持ちたいと思っています。
これによって、「支配されている」、「やりたいことができない」、「自由がない」、などと考えてしまうのです。

 

これは、どちらが良いとか悪いとかの話ではありません。
しかし、いつの間にか、敵同士ようなケンカに発展することもあります。

 

1番近くて遠い人との距離

 

不思議なもので、人の話を聞いていると、子の立場と親の立場がよく分かります。

 

子供は、話が違うと思うだろう。
親が心配する気持ちもわかるが、先回りして考え過ぎだと。

 

人の話は、距離があるので冷静に聞けます。
どちらの立場へも立てます。

 

当事者になると、今までの積み重ねや、愛情、自立のせめぎ合いで、落ち着いていられなかったりするようです。
親は子のことを考えると、愛情から心配が先にきます。
子は親の立場までは、なかなか考えられません。

 

人の話のように距離がとれていれば、落ち着いて考えられます。
話し合いやトラブルで、自分の立場はもちろん、相手の立場も考えることは必須ですが、
親と子ですと、近すぎて距離を取れなくなってしまうように思います。

 

飯野哲夫

コーチ 産業カウンセラー 飯野哲夫

このページをシェア
 

現在63名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 

おすすめ記事

 
1番近くて遠い人との距離。親子の関係。
1番近くて遠い人との距離。親子の関係。

2015/09/10
子育て