ビジネス書-質問と回答-1~1件目 | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景

ビジネス書-質問と回答-1~1件目

みんなの相談 質問者

おとなの勉強の上達法、まず...

みんなの相談 質問者

おとなの勉強の上達法、まず本が「読めない」 もうすぐ40代の脳みそです。 小中高では国語、古文の成績は悪く、どうやって卒業したのか謎です。 小学校の読書感想文なんか書けた試しがありません。 本題です。 「本」が読めません。文章は普通に読めますし意味も分かります。読めない漢字は都度ネットで調べます。 「読めない」というのは、文章を読んでいるにもかかわらず「頭」の中に入っていかないのです。 ですので「前の段落で言ってた事は何だっけ?」という感じになります。 となると「前の章は何言ってたんだっけ?」、読み終わって「この本で覚えてることは何だろう・・・」となります。 ちなみに、SF小説、興味のある分野のノンフィクションなどストーリー性のあるモノはある程度覚えています。 ビジネス書系は読み終えた試しがありません。 なにしろ1行前はなに言ってたか覚えていないのです。 難読か何かの病気でしょうか。 集中力が無いのでしょうか。 「うまい本の読み方」という読書法があるのでしょうか? 読書ができないとあらゆる勉強ができません。 そのせいか書くほうも苦手です。 (追記) 職業的は10年以上個人事業主で、会話がない日なんてあたり前です。 つまり「聞きもせず、しゃべりも」しません。 TVはほとんど見ませんが映画は1日1本の勢いで(英語音声日本語字幕)見ています。

熊山 達也

はじめまして。カウンセラーの熊山と申します。 アドバイスとしては・・・ ①音読をする習慣を身につけて下さい。 ただ音読をするのではなく、自分が教壇に立って、生徒に教えているイメージで読んでください。また、大統領演説をしているイメージで読んでください。 ②少しでも気になる文章に線を引くなり、チェックを入れるなりする。 とにかく書き込む。特に、ビジネス書系は、読むだけでは誰でもほとんど頭に入りません。 ③本ではなく、CD教材などを聴く習慣を身につける。 これは、かなり効果があるようです。車の中で何度も聴いているうちに、自然に頭の中に入るそうです。 ご参考になれば幸いです。

回答者:熊山 達也

現在64名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 

おすすめ記事

ビジネス書-質問と回答-1~1件目

みんなの相談 質問者
おとなの勉強の上達法、まず本が「読めない」 もうすぐ40代の脳みそです。 小中高では国語、古文の成績は悪く、どうやって卒業したのか謎です。 小学校の読書感想文なんか書けた試しがありません。 本題です。 「本」が読めません。文章は普通に読めますし意味も分かります。読めない漢字は都度ネットで調べます。 「読めない」というのは、文章を読んでいるにもかかわらず「頭」の中に入っていかないのです。 ですので「前の段落で言ってた事は何だっけ?」という感じになります。 となると「前の章は何言ってたんだっけ?」、読み終わって「この本で覚えてることは何だろう・・・」となります。 ちなみに、SF小説、興味のある分野のノンフィクションなどストーリー性のあるモノはある程度覚えています。 ビジネス書系は読み終えた試しがありません。 なにしろ1行前はなに言ってたか覚えていないのです。 難読か何かの病気でしょうか。 集中力が無いのでしょうか。 「うまい本の読み方」という読書法があるのでしょうか? 読書ができないとあらゆる勉強ができません。 そのせいか書くほうも苦手です。 (追記) 職業的は10年以上個人事業主で、会話がない日なんてあたり前です。 つまり「聞きもせず、しゃべりも」しません。 TVはほとんど見ませんが映画は1日1本の勢いで(英語音声日本語字幕)見ています。
熊山 達也
はじめまして。カウンセラーの熊山と申します。 アドバイスとしては・・・ ①音読をする習慣を身につけて下さい。 ただ音読をするのではなく、自分が教壇に立って、生徒に教えているイメージで読んでください。また、大統領演説をしているイメージで読んでください。 ②少しでも気になる文章に線を引くなり、チェックを入れるなりする。 とにかく書き込む。特に、ビジネス書系は、読むだけでは誰でもほとんど頭に入りません。 ③本ではなく、CD教材などを聴く習慣を身につける。 これは、かなり効果があるようです。車の中で何度も聴いているうちに、自然に頭の中に入るそうです。 ご参考になれば幸いです。


回答者:熊山 達也