ポータブル音楽プレーヤー-質問と回答-1~2件目 | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景

ポータブル音楽プレーヤー-質問と回答-1~2件目

みんなの相談 質問者

私は子供の頃から大きな音が...

みんなの相談 質問者

私は子供の頃から大きな音が怖いです。 雷、打ち上げ花火、ピストルの音、音楽の生演奏の音、人が急に大きな声をあげたりするのも怖いです。 バスやトラック等が走ってる時のプシューってい う音もダメで普段iPodやスマホで音楽を聞いて歩いています。 音楽を聞く事自体は大好きなんです。 今月、どーしても好きなアーティストのライブに行きたいんですけど、やっぱり不安です…。(因みに生演奏ではないアーティストです) 何とか怖くなくなる様ないい方法とかありませんか? ライブは何度も行ってればなれるでしょうか?

熊山 達也

はじめまして。カウンセラーの熊山と申します。 「大きな音が怖い」・・・・・ 解決方法として、「自分が透明になるエクササイズ」というものがあります。 ①自分の物質的な体が、透明になっていくとイメージして下さい。 ②次に大きな音が、自分の体を通り抜けていく様子を、イメージして下さい。 ③「大きな音」という原因は、もう体の強固な壁を打っていません。 自分の体を通過させてしまうのです。 ※ 最後に、自分に次のように宣言して下さい。 「もう誰も、私を傷つけることはできない!」と。 ご参考になれば幸いです。

回答者:熊山 達也
みんなの相談 質問者

僕はとても変な思い癖があり...

みんなの相談 質問者

僕はとても変な思い癖があります。 ウォークマンを充電機に挿しておかないと不幸、とか、わざわざ右手でなんでも触らないとだめ、とか、マンホール踏まないとおちつかなかったり など、メチャクチャめんどくさいことをしており、馬鹿みたいな思い込みでそんな変な行動をしてんだ、って思うんですが、そんな変な癖を治すことができません。 今まで鬱病とかの精神病にはなったことがないんですが、これは、心理的な病でしょうか? 一刻も早く治したいです。

川端くにひさ

ご自身のことを客観的によく見ていらっしゃいますね。 思い込みから特定の行動してしまっているなんて、なかなか気付きませんから。 「心理的な病」というより、「ココロの仕組み」ではないでしょうか。 気にされなくても良いとは思いますが、どうしても止めたいということであれば、 その行動は何のためにやっているのか(目的)をココロのレベルまでたどってみては如何でしょうか。 行動には、何かココロを満たす目的があるものです。 例えば、以下のようにココロのレベルまでたどってみます。 その行動は、どうして行うのか?(考え) どんな気持ちが欲しくて、そのように考えるのか?(気持ち) 「ウォークマンの充電器」(行動)→不幸になりたくない(考え)→安心(気持ち) 「右手で触る」(行動)→???(考え)→?(気持ち) 「マンホールを踏む」(行動)→落ち着きたい(考え)→?(気持ち) : 共通点が見つかるかもしれません。 目的は、同じ「安心」が欲しいのに、いくつも行動があるかもしれません。 目的が同じであれば、一つの行動に統合する、または、他の簡単な行動に置き換える、ことに取り組んでみてはどうでしょうか。 例えば、安心が得られるお守りなど小さくて好きなものがあれば、ポケットに忍ばせておき、安心が欲しいときに、握るとか。 「ココロの仕組み」を上手に活用すると、アスリートが行うルーティンのように意識して行動から適切なココロの状態にすることができます。

回答者:川端くにひさ

現在64名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 

おすすめ記事

ポータブル音楽プレーヤー-質問と回答-1~2件目

みんなの相談 質問者
私は子供の頃から大きな音が怖いです。 雷、打ち上げ花火、ピストルの音、音楽の生演奏の音、人が急に大きな声をあげたりするのも怖いです。 バスやトラック等が走ってる時のプシューってい う音もダメで普段iPodやスマホで音楽を聞いて歩いています。 音楽を聞く事自体は大好きなんです。 今月、どーしても好きなアーティストのライブに行きたいんですけど、やっぱり不安です…。(因みに生演奏ではないアーティストです) 何とか怖くなくなる様ないい方法とかありませんか? ライブは何度も行ってればなれるでしょうか?
熊山 達也
はじめまして。カウンセラーの熊山と申します。 「大きな音が怖い」・・・・・ 解決方法として、「自分が透明になるエクササイズ」というものがあります。 ①自分の物質的な体が、透明になっていくとイメージして下さい。 ②次に大きな音が、自分の体を通り抜けていく様子を、イメージして下さい。 ③「大きな音」という原因は、もう体の強固な壁を打っていません。 自分の体を通過させてしまうのです。 ※ 最後に、自分に次のように宣言して下さい。 「もう誰も、私を傷つけることはできない!」と。 ご参考になれば幸いです。


回答者:熊山 達也

みんなの相談 質問者
僕はとても変な思い癖があります。 ウォークマンを充電機に挿しておかないと不幸、とか、わざわざ右手でなんでも触らないとだめ、とか、マンホール踏まないとおちつかなかったり など、メチャクチャめんどくさいことをしており、馬鹿みたいな思い込みでそんな変な行動をしてんだ、って思うんですが、そんな変な癖を治すことができません。 今まで鬱病とかの精神病にはなったことがないんですが、これは、心理的な病でしょうか? 一刻も早く治したいです。
川端くにひさ
ご自身のことを客観的によく見ていらっしゃいますね。 思い込みから特定の行動してしまっているなんて、なかなか気付きませんから。 「心理的な病」というより、「ココロの仕組み」ではないでしょうか。 気にされなくても良いとは思いますが、どうしても止めたいということであれば、 その行動は何のためにやっているのか(目的)をココロのレベルまでたどってみては如何でしょうか。 行動には、何かココロを満たす目的があるものです。 例えば、以下のようにココロのレベルまでたどってみます。 その行動は、どうして行うのか?(考え) どんな気持ちが欲しくて、そのように考えるのか?(気持ち) 「ウォークマンの充電器」(行動)→不幸になりたくない(考え)→安心(気持ち) 「右手で触る」(行動)→???(考え)→?(気持ち) 「マンホールを踏む」(行動)→落ち着きたい(考え)→?(気持ち) : 共通点が見つかるかもしれません。 目的は、同じ「安心」が欲しいのに、いくつも行動があるかもしれません。 目的が同じであれば、一つの行動に統合する、または、他の簡単な行動に置き換える、ことに取り組んでみてはどうでしょうか。 例えば、安心が得られるお守りなど小さくて好きなものがあれば、ポケットに忍ばせておき、安心が欲しいときに、握るとか。 「ココロの仕組み」を上手に活用すると、アスリートが行うルーティンのように意識して行動から適切なココロの状態にすることができます。


回答者:川端くにひさ