予備校、進学塾-質問と回答-1~1件目 | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景

予備校、進学塾-質問と回答-1~1件目

みんなの相談 質問者

僕は、自意識過剰で見栄ばか...

みんなの相談 質問者

僕は、自意識過剰で見栄ばかり気にしてしまう性格でした。だから、かっこつけたかったし、自分の周りは、こんなにすごいんだ、学生時代に俺はヤンキーと知り合いなんだ、など。 でも、もうかっこつけるつけない以前に、見栄を張るのが疲れました。そして、見栄を張ろうとすると完璧に見栄を張ろうとしてしまい、自分の弱い部分を見せたくないと思っていました。 進学校だったんですが高2の時から、勉強からにげてたくせに、バカだと思われないようにテストの点数嘘ついてみたり、なかなか自分のことを好きになれませんでした。そして、なんとか卒業するも、予備校も中退してしまい、麻雀などのギャンブルに明け暮れ、ニートしたりバイトしたりしてました。そして雀荘にバイトを2年半して、今やめて、見栄を張っている場合ではなくなったからです。

小野塚玲子

優越感コンプレックスだと思われます。 本来 人間は 劣等感を持っているものですが 劣等感があるからこそ、それをバネにして頑張ろうという気持ちがわいてくるのでそれは正常の範囲なのです。 ところが 本来のありのままの自分が全て劣等感だと思い込み過ぎてしまうと優越感コンプレックスを生み出してしまいます。 優越感コンプレックスとは 弱い自分、認められていない自分を隠そうとして、有名な人と一緒に写真をとって皆に見せびらかしたり、さも、権力のある人と親しい間柄だと言うことを自慢してしまう傾向があることを意味します。 そこから抜け出すには ありのままの自分を受け入れて下さい。 長所も短所も含めて 自分というものを受け入れるのです。 改めて 客観的に自分を見ると短所だと思われていた部分が長所だったりすることもあるのです。 そして、今の現状から少しでも良くしていこうと努力を続ける事が、まず、人生の一歩だと思って下さい。 人生は一度きりです。やり直しはいくらでも出来ます。 過去はどんなに頑張っても変えられませんが、現在、未来は自分の手で変えることができるのです。 私から言えることは、一日一つ何かをするという目標を立てて、それを継続してみて下さい。 自分の人生は 自分で決めるものです。

回答者:小野塚玲子

現在68名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 

おすすめ記事

予備校、進学塾-質問と回答-1~1件目

みんなの相談 質問者
僕は、自意識過剰で見栄ばかり気にしてしまう性格でした。だから、かっこつけたかったし、自分の周りは、こんなにすごいんだ、学生時代に俺はヤンキーと知り合いなんだ、など。 でも、もうかっこつけるつけない以前に、見栄を張るのが疲れました。そして、見栄を張ろうとすると完璧に見栄を張ろうとしてしまい、自分の弱い部分を見せたくないと思っていました。 進学校だったんですが高2の時から、勉強からにげてたくせに、バカだと思われないようにテストの点数嘘ついてみたり、なかなか自分のことを好きになれませんでした。そして、なんとか卒業するも、予備校も中退してしまい、麻雀などのギャンブルに明け暮れ、ニートしたりバイトしたりしてました。そして雀荘にバイトを2年半して、今やめて、見栄を張っている場合ではなくなったからです。
小野塚玲子
優越感コンプレックスだと思われます。 本来 人間は 劣等感を持っているものですが 劣等感があるからこそ、それをバネにして頑張ろうという気持ちがわいてくるのでそれは正常の範囲なのです。 ところが 本来のありのままの自分が全て劣等感だと思い込み過ぎてしまうと優越感コンプレックスを生み出してしまいます。 優越感コンプレックスとは 弱い自分、認められていない自分を隠そうとして、有名な人と一緒に写真をとって皆に見せびらかしたり、さも、権力のある人と親しい間柄だと言うことを自慢してしまう傾向があることを意味します。 そこから抜け出すには ありのままの自分を受け入れて下さい。 長所も短所も含めて 自分というものを受け入れるのです。 改めて 客観的に自分を見ると短所だと思われていた部分が長所だったりすることもあるのです。 そして、今の現状から少しでも良くしていこうと努力を続ける事が、まず、人生の一歩だと思って下さい。 人生は一度きりです。やり直しはいくらでも出来ます。 過去はどんなに頑張っても変えられませんが、現在、未来は自分の手で変えることができるのです。 私から言えることは、一日一つ何かをするという目標を立てて、それを継続してみて下さい。 自分の人生は 自分で決めるものです。


回答者:小野塚玲子