哲学、倫理-質問と回答-1~5件目 | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景

哲学、倫理-質問と回答-1~5件目

みんなの相談 質問者

誤報ばかり流すマスメディア...

みんなの相談 質問者

誤報ばかり流すマスメディアや政治家及び公務員並びに民間人を一斉に訴えられますか? 奴等は「可能性」の概念を歪曲して多くの人間を騙しています。補足ペテン師は老若男女問わず淘汰するべきですw

熊山 達也

リクエストありがとうございます。 私は法律の専門家ではないので、弁護士の方にご相談してみて下さい。申し訳ございません。

回答者:熊山 達也
みんなの相談 質問者

男の子ばっかりだと飽きちゃ...

みんなの相談 質問者

男の子ばっかりだと飽きちゃうから、女の子ともしてるんですけど、こういった動向って浮気なんですかね?補足価値観や規範によって貞操観念は変わります。

熊山 達也

リクエストありがとうございます。 私には難しすぎて答えがわかりません。申し訳ございません。

回答者:熊山 達也
みんなの相談 質問者

マインドフルネスの状態は自...

みんなの相談 質問者

マインドフルネスの状態は自分で作る事が出来るらしいのですが、 広義で考えると、 部活に集中している時も、ある種マインドフルネスの状態だとは思うのですが、 そうした場合、 自分の心とか精神は、自分でコントロール可能という事でよいのでしょうか??

田辺寿夫

マインドフルネスは、自分の内側に意識を集中して拘りを解放するようなことが主な目的になっていると思います。 部活など目的に集中して100%以上の力を発揮するのは、一種の興奮状態を自発的に起こすことになりますね。 心や精神を感じたり考えたりするときには顕在意識と潜在意識で考えていくと分かりやすいと思いますよ。 顕在意識は自分でコントロール可能な意識ですよね。 自分で強く意識し続けていくと潜在意識に届いていきます。 潜在意識が顕在意識を同調させることを繰り返していくと、 精神や心を自分である程度コントロールできる状態になっていけると思いますよ。

回答者:田辺寿夫
みんなの相談 質問者

生きるのがつらい。 生き...

みんなの相談 質問者

生きるのがつらい。 生きるために人より上に抜きん出ようとする過程がつらい。 人間関係、体のメンテナンス、労力。 かといって、もしかしたら楽に生きれるかもしれない という可能性がゼロではないから、死にきれない。 現在21歳だが、小学3年生あたりから、ずっと抜ききれない疲労感を感じる。 俺は疲れたよ。 この先もずっと死に怯え、茶番じみた快楽のために生きることの繰り返しなのかな。

熊山 達也

はじめまして。カウンセラーの熊山と申します。 「勝っても負けても、あなたの内なる心は何も変わりません。変わるのは、目に見える外の世界だけです」 「あなたが何をしていようと、あなたの人間としての素晴らしい価値は何も変わりません。変わるのは、あいまいで基準のない世間体という低い次元の評価だけです」 安心して下さい。 ご参考になれば幸いです。

回答者:熊山 達也
みんなの相談 質問者

社会を変える、良くすること...

みんなの相談 質問者

社会を変える、良くすることに、意味はあるのでしょうか。良くするとはつまり「自分にとってもみんなにとってもより正しいと思える社会」にすることです。 僕は他人の幸福を望んでいます。 しかし、この「他人の幸福を望んでいます」というのは表面的な自我の望みで、このような一見立派だと思える望みを抱えている“自分”を、僕は本当のところ、望んでいるのではないでしょうか。これについてこの頃ずっと考えています。 僕はおそらく、人の幸せを望んでいるというよりはむしろ、幸せにすることで満たされる“自分”を根本的な部分で望んでいるのです。 そして、これは単なる自我ではないでしょうか。他人の幸福を求めることは、社会的にみてとても立派であり、とても高尚なことです。そして18年間この社会の中で生きまくってきた僕の価値観は社会のそれとほぼ一致しているため、僕にとっても立派なことように思えます。だからこそ僕はこの立派な望みを叶えるために頑張る“自分”というものに憧れ、自分自身の価値を高めようとしているのではないでしょうか。そして、この部分で僕は強烈な自我の働きを感じています。自我は迷妄だと知っています。だからこそ、自我によって人生を動かされたくないのです。 ですが、何が真実で何が盲信か、わかりません。究極的には何が真実かなんて誰にもわからないということはわかっています。しかしこの大事な進路を決める時期に、これらの謎に対しておおよそ納得がつかない限り、ここから動きたくありません。そして進路を決められずにズルズルここまでやってきました。 とてもわかりにくい文章になってしまっていますが、本当に何でも構いませんので、思ったことや意見やアドバイス、また批判でも結構です。何でも構いませんので答えていただければありがたいです(__)

熊山 達也

リクエストありがとうございます。感謝します。 ①「他人の幸福を望んでいます」という意識は、素晴らしいことであり、また、自然なことでもあります。なぜなら、それは、自分の幸福をも意味しているからです。 目に見えるこの世界は、私たち一人ひとりの意識の投影です。 これが「すべてはひとつなり」という聖なる真理です。 ②「自我とは何でしょうか?」 それは、私たち人間が意識を高めるために与えられた道具に過ぎません。ですから、決して悪いものではないということを理解して下さい。「自我」に気づくことによって私たちは成長します。 「気づき」のない思考こそが人間存在の主たるジレンマだからです。あなたは既に「自我」に気づいております。それ以上は必要ないのです。なぜなら、「自我」と「気づき」は共存できないからです。「自我」とは「悟り」を実現するための「気づき」を与えてくれるものです。ですから、安心して下さい。 ③「わかりません」という質問ですが・・・ 「私にはわからない」という状態は、混乱ではなく、素晴らしいことです。なぜなら、「私にはわからない」と気づいているからです。気づき、観察しているのが、まさに、「本当の自分」あなたなのです。 次の質問を自分にしてあげて下さい。 「私は、自分は何者かを知りたい、知る必要がある、という思いを捨てられるだろうか?」と。 「私は、思考にアイデンティティを求めるのをやめられるだろうか?」と。 自分は何者かを知りたい、知る必要がある、という思いを捨てたら、混乱はたちまち消えます。自分にはわからないと素直に受け入れると、かえって安らかですっきりした状態になり、思考などを通じるよりもよほど真の自分に近づけます。 思考によって自分を定義しようというのは、自分で自分に限界を引くことです。 あなたは自分に限界を引いていないので、無限の可能性を秘めています。 答えが出ないものに対して、無理に答えを出そうとすることは、人間の傲慢さの表れであり、それが人間の苦しみの根源である「自我」(エゴ)なのです。自我のアイデンティティを探し出すことで「気づき」を得ることができるでしょう。そして、その「気づき」によって「自我」は去っていくでしょう。 ④「真理とは?」 世界中の伝統的宗教、聖典、哲学、思想、賢者などによって説かれてきたすべてのものは皆、語られかたが違うだけで、真理はひとつです。それが語られるべきすべてであり、真理です。 目撃、観察しいてる存在はひとつです。それが真理であり、まさに「本当の自分」あなたなのです。 素晴らしい質問を頂き、感謝します。 ご参考になれば幸いです。

回答者:熊山 達也

現在64名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 

おすすめ記事

哲学、倫理-質問と回答-1~5件目

みんなの相談 質問者
誤報ばかり流すマスメディアや政治家及び公務員並びに民間人を一斉に訴えられますか? 奴等は「可能性」の概念を歪曲して多くの人間を騙しています。補足ペテン師は老若男女問わず淘汰するべきですw
熊山 達也
リクエストありがとうございます。 私は法律の専門家ではないので、弁護士の方にご相談してみて下さい。申し訳ございません。


回答者:熊山 達也

みんなの相談 質問者
男の子ばっかりだと飽きちゃうから、女の子ともしてるんですけど、こういった動向って浮気なんですかね?補足価値観や規範によって貞操観念は変わります。
熊山 達也
リクエストありがとうございます。 私には難しすぎて答えがわかりません。申し訳ございません。


回答者:熊山 達也

みんなの相談 質問者
マインドフルネスの状態は自分で作る事が出来るらしいのですが、 広義で考えると、 部活に集中している時も、ある種マインドフルネスの状態だとは思うのですが、 そうした場合、 自分の心とか精神は、自分でコントロール可能という事でよいのでしょうか??
田辺寿夫
マインドフルネスは、自分の内側に意識を集中して拘りを解放するようなことが主な目的になっていると思います。 部活など目的に集中して100%以上の力を発揮するのは、一種の興奮状態を自発的に起こすことになりますね。 心や精神を感じたり考えたりするときには顕在意識と潜在意識で考えていくと分かりやすいと思いますよ。 顕在意識は自分でコントロール可能な意識ですよね。 自分で強く意識し続けていくと潜在意識に届いていきます。 潜在意識が顕在意識を同調させることを繰り返していくと、 精神や心を自分である程度コントロールできる状態になっていけると思いますよ。


回答者:田辺寿夫

みんなの相談 質問者
生きるのがつらい。 生きるために人より上に抜きん出ようとする過程がつらい。 人間関係、体のメンテナンス、労力。 かといって、もしかしたら楽に生きれるかもしれない という可能性がゼロではないから、死にきれない。 現在21歳だが、小学3年生あたりから、ずっと抜ききれない疲労感を感じる。 俺は疲れたよ。 この先もずっと死に怯え、茶番じみた快楽のために生きることの繰り返しなのかな。
熊山 達也
はじめまして。カウンセラーの熊山と申します。 「勝っても負けても、あなたの内なる心は何も変わりません。変わるのは、目に見える外の世界だけです」 「あなたが何をしていようと、あなたの人間としての素晴らしい価値は何も変わりません。変わるのは、あいまいで基準のない世間体という低い次元の評価だけです」 安心して下さい。 ご参考になれば幸いです。


回答者:熊山 達也

みんなの相談 質問者
社会を変える、良くすることに、意味はあるのでしょうか。良くするとはつまり「自分にとってもみんなにとってもより正しいと思える社会」にすることです。 僕は他人の幸福を望んでいます。 しかし、この「他人の幸福を望んでいます」というのは表面的な自我の望みで、このような一見立派だと思える望みを抱えている“自分”を、僕は本当のところ、望んでいるのではないでしょうか。これについてこの頃ずっと考えています。 僕はおそらく、人の幸せを望んでいるというよりはむしろ、幸せにすることで満たされる“自分”を根本的な部分で望んでいるのです。 そして、これは単なる自我ではないでしょうか。他人の幸福を求めることは、社会的にみてとても立派であり、とても高尚なことです。そして18年間この社会の中で生きまくってきた僕の価値観は社会のそれとほぼ一致しているため、僕にとっても立派なことように思えます。だからこそ僕はこの立派な望みを叶えるために頑張る“自分”というものに憧れ、自分自身の価値を高めようとしているのではないでしょうか。そして、この部分で僕は強烈な自我の働きを感じています。自我は迷妄だと知っています。だからこそ、自我によって人生を動かされたくないのです。 ですが、何が真実で何が盲信か、わかりません。究極的には何が真実かなんて誰にもわからないということはわかっています。しかしこの大事な進路を決める時期に、これらの謎に対しておおよそ納得がつかない限り、ここから動きたくありません。そして進路を決められずにズルズルここまでやってきました。 とてもわかりにくい文章になってしまっていますが、本当に何でも構いませんので、思ったことや意見やアドバイス、また批判でも結構です。何でも構いませんので答えていただければありがたいです(__)
熊山 達也
リクエストありがとうございます。感謝します。 ①「他人の幸福を望んでいます」という意識は、素晴らしいことであり、また、自然なことでもあります。なぜなら、それは、自分の幸福をも意味しているからです。 目に見えるこの世界は、私たち一人ひとりの意識の投影です。 これが「すべてはひとつなり」という聖なる真理です。 ②「自我とは何でしょうか?」 それは、私たち人間が意識を高めるために与えられた道具に過ぎません。ですから、決して悪いものではないということを理解して下さい。「自我」に気づくことによって私たちは成長します。 「気づき」のない思考こそが人間存在の主たるジレンマだからです。あなたは既に「自我」に気づいております。それ以上は必要ないのです。なぜなら、「自我」と「気づき」は共存できないからです。「自我」とは「悟り」を実現するための「気づき」を与えてくれるものです。ですから、安心して下さい。 ③「わかりません」という質問ですが・・・ 「私にはわからない」という状態は、混乱ではなく、素晴らしいことです。なぜなら、「私にはわからない」と気づいているからです。気づき、観察しているのが、まさに、「本当の自分」あなたなのです。 次の質問を自分にしてあげて下さい。 「私は、自分は何者かを知りたい、知る必要がある、という思いを捨てられるだろうか?」と。 「私は、思考にアイデンティティを求めるのをやめられるだろうか?」と。 自分は何者かを知りたい、知る必要がある、という思いを捨てたら、混乱はたちまち消えます。自分にはわからないと素直に受け入れると、かえって安らかですっきりした状態になり、思考などを通じるよりもよほど真の自分に近づけます。 思考によって自分を定義しようというのは、自分で自分に限界を引くことです。 あなたは自分に限界を引いていないので、無限の可能性を秘めています。 答えが出ないものに対して、無理に答えを出そうとすることは、人間の傲慢さの表れであり、それが人間の苦しみの根源である「自我」(エゴ)なのです。自我のアイデンティティを探し出すことで「気づき」を得ることができるでしょう。そして、その「気づき」によって「自我」は去っていくでしょう。 ④「真理とは?」 世界中の伝統的宗教、聖典、哲学、思想、賢者などによって説かれてきたすべてのものは皆、語られかたが違うだけで、真理はひとつです。それが語られるべきすべてであり、真理です。 目撃、観察しいてる存在はひとつです。それが真理であり、まさに「本当の自分」あなたなのです。 素晴らしい質問を頂き、感謝します。 ご参考になれば幸いです。


回答者:熊山 達也