妊娠、出産-質問と回答-1~2件目 | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景

妊娠、出産-質問と回答-1~2件目

みんなの相談 質問者

既婚者、29歳の女です。 ...

みんなの相談 質問者

既婚者、29歳の女です。 私は双極性障害と発達障害を患っており何年も薬を服用しています。 この場合、子供ができた場合、遺伝してしまうのでしょうか? 私の父も統合失調症なので不安です。 また、もし、妊娠した場合、薬の服用は全くできないんでしょうか? 薬を飲んでいてようやく日常生活がおくれ、仕事ができているのでやめるとなるとかなりきついものがあります。 健康な子供がほしいです。 どうしたらいいでしょうか。 年齢的にも正直焦っています。

田辺寿夫

精神疾患は遺伝するのではなく、精神疾患を患ってしまうような育て方をマネしてしまうことで、遺伝したように親から子へ伝わってしまうものだと思われます。 人間は人から嫌なことをされれと誰かに仕返ししたくなるという厄介な心理を持っています。 特に親から受けた嫌な指導の仕方を自分の子供に無意識にしてしまうことが多いんですね。 まずは辛かった過去の自分をイメージの中で助けに行ってあげてください。 傷ついた人に話しかけるように、「どうしたの?」「何があったの?」 と、その時の自分に声を掛けてみてください。 怖がっているようなら、一緒にいるから大丈夫だよ。 と声を掛けて抱きしめてあげてください。 その時の自分が思ったこと感じたことを打ち明けてくれるはずですから、 言葉に耳を傾けて共感してあげてください。 そのときの自分の気持ちと向き合って、辛かった自分の味方に自分がなるようにしていくことで、忘れようとした過去の自分と現在の自分が合意していきます。 イメージの中の自分が落ち着いていくと、心が軽くなるのを感じるはずです。 過去の自分と現在の自分の気持ちを整えていくために、 自分自身へ手紙で打ち明けて、返事を書いてみるのもいいですよ。 過去の辛かった自分と合意して心の奥の傷が癒えてくれば、自分の子に親と同じような指導をしそうになったときに、自分自身で気付いて抑えることができるようになります。負の連鎖を打ち切ることができるでしょう。 自分は一番の自分の味方でいてあげてください。 お薬についてですが、服用しても大丈夫なものも増えています。 医師と相談しながら、辛い症状を我慢しないで胎教を安定させるようにするといいですね。 出産はおお仕事です。 自分に厳しくなり過ぎず、穏やかな気持ちで日々を過ごす準備をしてくださいね。

回答者:田辺寿夫
みんなの相談 質問者

15歳の娘が一人います。も...

みんなの相談 質問者

15歳の娘が一人います。もう一人、二人ほしいなと思っており、来年あたりに生みたいなと。できるかどうかわかりませんが^^; 10何年ブランクがあっても産めますか?娘のとき難産?二日か かり、またあれを経験すると思うと怖いという思いもあります。 年齢も35歳になります。高齢の部類になるのかなぁ?

田辺寿夫

お嬢さんがお姉ちゃんになるのが17歳くらいですね。 お母さんのフォローをしてくれて、お嬢さんの自立心も高まり、とてもいいと思いますよ。 お嬢さんの出産のときは、年齢も若かったこともあり難産になった可能性もあります。 これからであれば肉体的にも精神的にも整えやすいと思いますので、 医師の協力の基安産を目指すのは難しいことではないでしょう。 素敵な家族が増えていくといいですね。

回答者:田辺寿夫

現在64名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 

おすすめ記事

妊娠、出産-質問と回答-1~2件目

みんなの相談 質問者
既婚者、29歳の女です。 私は双極性障害と発達障害を患っており何年も薬を服用しています。 この場合、子供ができた場合、遺伝してしまうのでしょうか? 私の父も統合失調症なので不安です。 また、もし、妊娠した場合、薬の服用は全くできないんでしょうか? 薬を飲んでいてようやく日常生活がおくれ、仕事ができているのでやめるとなるとかなりきついものがあります。 健康な子供がほしいです。 どうしたらいいでしょうか。 年齢的にも正直焦っています。
田辺寿夫
精神疾患は遺伝するのではなく、精神疾患を患ってしまうような育て方をマネしてしまうことで、遺伝したように親から子へ伝わってしまうものだと思われます。 人間は人から嫌なことをされれと誰かに仕返ししたくなるという厄介な心理を持っています。 特に親から受けた嫌な指導の仕方を自分の子供に無意識にしてしまうことが多いんですね。 まずは辛かった過去の自分をイメージの中で助けに行ってあげてください。 傷ついた人に話しかけるように、「どうしたの?」「何があったの?」 と、その時の自分に声を掛けてみてください。 怖がっているようなら、一緒にいるから大丈夫だよ。 と声を掛けて抱きしめてあげてください。 その時の自分が思ったこと感じたことを打ち明けてくれるはずですから、 言葉に耳を傾けて共感してあげてください。 そのときの自分の気持ちと向き合って、辛かった自分の味方に自分がなるようにしていくことで、忘れようとした過去の自分と現在の自分が合意していきます。 イメージの中の自分が落ち着いていくと、心が軽くなるのを感じるはずです。 過去の自分と現在の自分の気持ちを整えていくために、 自分自身へ手紙で打ち明けて、返事を書いてみるのもいいですよ。 過去の辛かった自分と合意して心の奥の傷が癒えてくれば、自分の子に親と同じような指導をしそうになったときに、自分自身で気付いて抑えることができるようになります。負の連鎖を打ち切ることができるでしょう。 自分は一番の自分の味方でいてあげてください。 お薬についてですが、服用しても大丈夫なものも増えています。 医師と相談しながら、辛い症状を我慢しないで胎教を安定させるようにするといいですね。 出産はおお仕事です。 自分に厳しくなり過ぎず、穏やかな気持ちで日々を過ごす準備をしてくださいね。


回答者:田辺寿夫

みんなの相談 質問者
15歳の娘が一人います。もう一人、二人ほしいなと思っており、来年あたりに生みたいなと。できるかどうかわかりませんが^^; 10何年ブランクがあっても産めますか?娘のとき難産?二日か かり、またあれを経験すると思うと怖いという思いもあります。 年齢も35歳になります。高齢の部類になるのかなぁ?
田辺寿夫
お嬢さんがお姉ちゃんになるのが17歳くらいですね。 お母さんのフォローをしてくれて、お嬢さんの自立心も高まり、とてもいいと思いますよ。 お嬢さんの出産のときは、年齢も若かったこともあり難産になった可能性もあります。 これからであれば肉体的にも精神的にも整えやすいと思いますので、 医師の協力の基安産を目指すのは難しいことではないでしょう。 素敵な家族が増えていくといいですね。


回答者:田辺寿夫