小学校-質問と回答-1~3件目 | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景

小学校-質問と回答-1~3件目

みんなの相談 質問者

子供のストレスについて、ご...

みんなの相談 質問者

子供のストレスについて、ご意見をいただきたいです。 まず、家庭環境ですが、 子供は7歳です。 夫とは子供が4歳になったばかりの時に死別しました。 母子家庭です。 私は仕事はしていま せん。 子供は死別したころから、爪かみが癖になりました。 そして、小学生のいま、学校まで坂道で遠いうえに、成長痛もあり通学を嫌がり、学校での発表も苦痛のようで行きたくないと言っています。 あと朝、必ず、お腹が痛くなります。 (友人関係は良好な方だと思います) それらのストレスがあるせいか、今は指の皮を歯でむしってしまい、可哀想な状態です。 同じような経験をされているかた、回復された方、専門的知識をお持ちの方、小学校教師の方、色々な方にお聞きしたいのですが、 やめさせられる方法などあれば、お聞きしたいです。 あと、あまりに辛そうなときは、学校を休ませてあげるのは過保護でしょうか? 休ませるにしても、教師は納得してくれるものでしょうか? (腹痛がつらそうだったので休ませたことはあります) 追記 指の皮をむしっても怒ったりはしていませんが、 むしっちゃうと、指の皮が厚くなってゴツゴツしちゃって、可愛い手じゃなくなっちゃうよー。と言ったり、マニキュアをつけてあげたり、むしり始めたらガムを食べさせたりとかを、防止するために、やっています。 娘は何も言いませんが、私の愛情不足もあるのかもしれません。 子供のこころを診てくれる精神科、学校にたまにいらっしゃるカウンセラーの方に相談しようかと検討しています。 ご回答よろしくおねがいします。

田辺寿夫

お二人共、辛い状態の中で、頑張っていますね。 爪を噛んでしまう、指のささくれなどをむしってしまうのは、自傷行為の一種です。 辛くても我慢して、その場に居なければならない状況になると全身に力が入って辛い状態をこらえますよね。 それでも逃げられなくなると、ぎゅっと拳を握ったり、歯を食いしばったり、髪をつかんだりと、どこかを強く握るようにして耐えていくものです。 寂しいという精神状態を我慢して耐えるといのは、そういった危機的な状態に耐えるものと類似しており、自分の中で犠牲にしていい場所を探して、それを断ち切る。 これが爪噛みの原因と思われます。 さらに、ささくれなどをむしってしまい、自分で自分を傷つけてしまうようになってしまう。 坂道を成長痛がある膝で昇っていくのは、確かに辛いことですね。 朝の腹痛は、お母さんと離れることが嫌だという気持ちの表れかもしれませんね。 もちろん、お子さんが痛みや辛さを訴えてきたときは、お休みさせてあげてください。それは過保護なことではありませんよ。 可能であれば一緒に寝てあげて、頭やお腹を撫でてあげると安心できて痛みも辛さも和らいでいくと思います。 手当て、という治療は、お母さんの手を子供が痛い辛いと言っているところに当てて 痛みや辛さを和らげる。というところから出来た言葉です。 お母さんの手はお子さんにとって、すごい治癒力を持っているんですよ。 もうひとつ気になることがあるんですが、あなた自身も、かなりの精神疲労を溜めていませんか?お嬢さんは、お母さんを助けたいという気持ちで一緒に居たい。離れたくないと思っているようにも感じられました。 母子というのは一心同体です。 お母さんがお子さんに弱音を吐いてはイケナイという考えは間違っています。 まずは、お母さんの辛さをお嬢さんにお話ししてみてはいかがですか? お母さんがお話ししてくれたら、お嬢さんも辛くて我慢していることを話してくれると思いますよ。 そうやってお話しする時間を作るようにしていけば、お互いに大事な存在という意識が高まっていきます。 自分を傷つける行為も自然と減っていくでしょう。 お嬢さんとお話しする時間たくさん作ってみてくださいね。 何か気になる古語があれば、いつでもご相談ください。 また、お話ししましょう。

回答者:田辺寿夫
みんなの相談 質問者

虐待のトラウマは20年後の...

みんなの相談 質問者

虐待のトラウマは20年後の自分も歪めているのでしょうか。 現在36歳、夫は10年前に死去しふたりの小学生がいます。 私は実母から殺されそうな酷い虐待を日々受けて育ちました。きょうだいが ありますが、怖さから母に加担する子達でした。 自分でいうのもナンですが、私はそのわりには明るく育ちました。 虐待については父に訴えたことが1度だけありましたが、私に虚言癖があるという母の話が信用されて、孤立を深めただけでした。 大人になり、早めの独立、結婚をして、実家とは程よい距離でうまくやっています。 しかし。同性の悪意が怖いです。 無礼なことをされたり、図々しいお願いをされてもシャキッと出来ず、それが原因で保護者のなかでよくイジメにあう気がします。 現在、役員をやっています。これは本来母子家庭は免除ですが、手違いで私の不在時に決まってしまったということで私になりました。 私が仲の良い人は誰もいない三役さん5名と委員長の私で始まり、初っぱなから軽い意地悪はありましたが、今から思えばあれは意地悪だったんだなとおもう位の微妙なものでした。 集合場所を決めて連絡したけれど勝手に副会長が変更していて、私はさんざん待ってからやっと皆を見つけて着いた時には話し合いを大分進めてしまっていた、とかです。 この人たちにそれまで関わったことがなく恨まれる理由はないと思ったので、そういう事が10回ほどありましたが、ただの癖のある人たちが集まっただけと思い、特に警戒しませんでした。 半年過ぎた頃、地道に細やかに活動してきた成果がでて、昨年度より結果がよかったり、校長から○○委員長のお陰ですというようなお褒めを頂くようになりました。その頃から副会長が非協力的になり、全員参加の活動に無理矢理の理由をつけて来てくれない、目立つところだけ出てくる、対外的に約束してある活動を「しない」と言い出して三役が同調してしまい、そのたび他に解決方法が浮かばず、私が外部に、私の勘違いでこのようなことが起こったと謝ることでみんなを守っているつもりでした。 来年度役員選出のとき、トラブルが起きました。それはありがちな、免除してほしい・駄目だという言い合いでしたが、次期委員長は決定していたので彼女の権限で免除を受け付けることになりました。 しかし副会長が勝手に、その渦中の人を免除しないので決定は取り消しだとPTA本部に伝えてしまったため、私は今回はハッキリ言おうと思い、そういうことをする権限はあなたにはありませんから勝手にこのようなことをしないでください、と言いました。そして、結束している人たちがいるのを知っているので、三役全員に、「このようなことが起こりましたが間違いだと思います。再発防止についてそれぞれが考え、今後もご協力のほどお願いいたします」と一斉メールしました。 すると副会長から「あなたは思い込みが激しい」「自分は副会長として当然のことをしただけ」「あなたが言っていることは嫌がらせ」「一斉メールは吊し上げ」等々メールでの反論が続き、直接会って和解しようと思いましたが「会っても話すことはない」と電話にも出ず、電話は旦那さんが出て断られてしまいました。 そして、副会長と三役さんは仕事をふっても動かず返事もしてこないという「無視」を始めました。この状態が10月から続いています。 こうなってから、私は人知れず鬱状態になってしまい、車をぶつけたり、仕事を忘れたり、家事をしないといけないのに起き上がれなかったりしています。変化を感じているのは我が子だけかと思います。 自分がどこか、いじけた雰囲気や苛めたくなる何かを持っていてこのようなことが繰返し起こるのではないかと思いますが、それとは違う原因でしょうか? 仲間外れにされたことが前にもあります。中心は今回の三役の人の親友に、2年間にわたり毎日のような子どもへのクレームと、ありもしない噂でした。 私が道で男性と抱き合っていたとか、同級生父に色目を使うとか、ラブホテルにばかり行っているとか、性的な嫌悪感を抱くことばかりです。その人の夫から言い寄られて困り、必死に断った事がありましたが、私は誰にも口外しておらず、彼女の意地悪の原因はいまいち分からずじまいでした。 鬱持ちだと自覚はありますが、夫が事故死したとき以外は心療内科にかかったことはありません。拒食になり、過去の母子関係が影響していると説明を受けたら心の整理がついて解決しました。その時に鬱病ですとも言われましたが、自分で解決していくから薬は欲しくないと断り、通院歴はありません。 しかし今回、心がその事で常に重苦しく、失敗ばかりしてしまう自分を心細くも感じ、三役さんが躊躇なく無視し続ける状況に傷つきもし、解決方法も分からず、自分の言動に問題があって人に迷惑をかけていて嫌われるのだろうかとも思うので、冷静な意見を頂きたくなりました。宜しくお願いいたします。

飯野哲夫

母子家庭で仕事もこなし、2人のお子さんを育てながら委員長として役員の仕事も…… しっかりした人でなければ、こなせない量と責任です。 本来無理だから母子家庭は免除のはずですが、あの人ならできるということだったのではないでしょうか。 多少の意地悪があったとしても「昨年度より結果がよかったり、校長から○○委員長のお陰ですというようなお褒めを頂く」という結果があったということからすると、選ばれるだけの理由があったように思われますね。 ただ、文章からすると評価がいいことが逆に、副会長の感情を刺激した可能性もあるかもしれません。 それが嫉妬とか、うらやましいとか、悔しいなのかは分かりませんが…… いずれにしても風通しがあまり良くないPTAに当たってしまったのかもしれません。 質問者様の魅力にひかれて、断っているのに妻がいながら言い寄ってくるような男性ですから、言い寄っていることがバレでもしたら「質問者様から言い寄られて困っている」と妻にあべこべの言い訳をしてもおかしくはないでしょう。 それを信じた妻は、噂をまき散らして復讐することもあるのではないかと思います。 まったく理不尽なことですが、三役の親友の夫婦でしたら、三役の人に積極的に話している可能性は高いでしょう。 親友から聞かされたら、あまり疑ったりはしないでしょう、親友ですから。 するとはじめから、あまり良くない印象がその三役の方の中ではできあがっていたのかもしれません。 副会長の人柄やまわりの環境など、いま現在、好ましくない状態のようですね。 現状で無視が10月から続いているとすると苦しいでしょうし、業務に差し障りや遅れもあり、そのことも辛いのではないかと思います。 いっそのこと無視をしている人たちに全て投げて、委員長を辞めてしまうことも方法でしょう。 「本来母子家庭は免除」だったはずですから、それが証明されるだけですから。 あるいは逆にこちらから無視して、すべての業務を行っても同じでしょう。 ( 時間等もあり、あまり現実的ではないかもしれませんが ) 現状で機能していない組織ですから、あまりこの先も上手くいかないかもしれません。 だとすると、自分が楽になることを考えることが一番でもいいのではないかと、勝手ながら感じてしまいます。 今後のことは、何が一番大事なのか、それによりけりでしょう。 PTAの委員長としての仕事や責任か 無視する人たちと和解することか 「変化を感じている」子どもの母親としてか 心身の健康か …… … 今回のことについて、あまり鬱も過去のトラウマも関係ないようには感じます。 多少意地悪されても動揺したりしないことは、強さを持っているということであり、素敵なことですよ。 ただ、そうした強さを持っていない人からすると、理解できないこともあるのかもしれませんね。

回答者:飯野哲夫
みんなの相談 質問者

子供の心理相談を終える時は...

みんなの相談 質問者

子供の心理相談を終える時は、ドクター(?)、相談員(?)の方から言われるのを待つものでしょうか? 時間でなく期間です。 あることで半年以上前から児童心理相談に月2回通っています。 元 々のきっかけになったことについては改善はされていませんが、私がもう少し大きな目で見ようという気持ちになれたのでそれは良かったと思っています。 毎回、子供は先生に学校の愚痴を聞いてもらったりアドバイスをもらったりしています。 私とは違う視点で話してくださったり、良いと思う点も多々あるのですが、先生のあいている(予約をとれる)曜日、時間が限られていて正直キツくなってきました。 先生はうちが習い事等で先生の都合となかなか難しいのはご存知ですが、あいていないと結構ギリギリで予約することになってしまいます。 元々通うことになった原因については改善されていなくて残念ですが、私の意識が少し変わったので、しばらくお休みというか離れてみようかと思うのですが、こちらからそういった話をしてよいものか迷っています。 心理相談などを終えられた方の経験談などお聞きできれば嬉しいです。

田辺寿夫

月2回のペースで半年以上通われたんですね。 カウンセリング期間としては十分だと思いますよ。 お母さん自身の意識が変わったとのことですし、問題の原因が改善されていないとしても、努力の方向や親子での話し合いの時間などは見えてきたんじゃないでしょうか? 次回お話しをするときに、自分の意識が変わって、努力の方向も見えてきたので、 いったん、様子をみる期間を作ってみていいですか?と聞いてみてば、いいと思います。 決めるのは依頼主であって、相談者ではないのが原則ですから、 もし、それを止めるような相談所、またはカウンセラーであった場合は逆に離れたほうがいいですよ。 お子さんの心理問題はデリケートで難しいと思いますが、ゆっくり、話しを聞いて 子供の視点で考えて、一緒に努力の方向を見つけるようにしていけば、たいていの 問題は親子で解決できると思います。 焦らず、ゆっくり、じっくり、やってみてください。 お母さまも、ご無理ないように、 ご自愛くださいね。

回答者:田辺寿夫

現在64名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 

おすすめ記事

小学校-質問と回答-1~3件目

みんなの相談 質問者
子供のストレスについて、ご意見をいただきたいです。 まず、家庭環境ですが、 子供は7歳です。 夫とは子供が4歳になったばかりの時に死別しました。 母子家庭です。 私は仕事はしていま せん。 子供は死別したころから、爪かみが癖になりました。 そして、小学生のいま、学校まで坂道で遠いうえに、成長痛もあり通学を嫌がり、学校での発表も苦痛のようで行きたくないと言っています。 あと朝、必ず、お腹が痛くなります。 (友人関係は良好な方だと思います) それらのストレスがあるせいか、今は指の皮を歯でむしってしまい、可哀想な状態です。 同じような経験をされているかた、回復された方、専門的知識をお持ちの方、小学校教師の方、色々な方にお聞きしたいのですが、 やめさせられる方法などあれば、お聞きしたいです。 あと、あまりに辛そうなときは、学校を休ませてあげるのは過保護でしょうか? 休ませるにしても、教師は納得してくれるものでしょうか? (腹痛がつらそうだったので休ませたことはあります) 追記 指の皮をむしっても怒ったりはしていませんが、 むしっちゃうと、指の皮が厚くなってゴツゴツしちゃって、可愛い手じゃなくなっちゃうよー。と言ったり、マニキュアをつけてあげたり、むしり始めたらガムを食べさせたりとかを、防止するために、やっています。 娘は何も言いませんが、私の愛情不足もあるのかもしれません。 子供のこころを診てくれる精神科、学校にたまにいらっしゃるカウンセラーの方に相談しようかと検討しています。 ご回答よろしくおねがいします。
田辺寿夫
お二人共、辛い状態の中で、頑張っていますね。 爪を噛んでしまう、指のささくれなどをむしってしまうのは、自傷行為の一種です。 辛くても我慢して、その場に居なければならない状況になると全身に力が入って辛い状態をこらえますよね。 それでも逃げられなくなると、ぎゅっと拳を握ったり、歯を食いしばったり、髪をつかんだりと、どこかを強く握るようにして耐えていくものです。 寂しいという精神状態を我慢して耐えるといのは、そういった危機的な状態に耐えるものと類似しており、自分の中で犠牲にしていい場所を探して、それを断ち切る。 これが爪噛みの原因と思われます。 さらに、ささくれなどをむしってしまい、自分で自分を傷つけてしまうようになってしまう。 坂道を成長痛がある膝で昇っていくのは、確かに辛いことですね。 朝の腹痛は、お母さんと離れることが嫌だという気持ちの表れかもしれませんね。 もちろん、お子さんが痛みや辛さを訴えてきたときは、お休みさせてあげてください。それは過保護なことではありませんよ。 可能であれば一緒に寝てあげて、頭やお腹を撫でてあげると安心できて痛みも辛さも和らいでいくと思います。 手当て、という治療は、お母さんの手を子供が痛い辛いと言っているところに当てて 痛みや辛さを和らげる。というところから出来た言葉です。 お母さんの手はお子さんにとって、すごい治癒力を持っているんですよ。 もうひとつ気になることがあるんですが、あなた自身も、かなりの精神疲労を溜めていませんか?お嬢さんは、お母さんを助けたいという気持ちで一緒に居たい。離れたくないと思っているようにも感じられました。 母子というのは一心同体です。 お母さんがお子さんに弱音を吐いてはイケナイという考えは間違っています。 まずは、お母さんの辛さをお嬢さんにお話ししてみてはいかがですか? お母さんがお話ししてくれたら、お嬢さんも辛くて我慢していることを話してくれると思いますよ。 そうやってお話しする時間を作るようにしていけば、お互いに大事な存在という意識が高まっていきます。 自分を傷つける行為も自然と減っていくでしょう。 お嬢さんとお話しする時間たくさん作ってみてくださいね。 何か気になる古語があれば、いつでもご相談ください。 また、お話ししましょう。


回答者:田辺寿夫

みんなの相談 質問者
虐待のトラウマは20年後の自分も歪めているのでしょうか。 現在36歳、夫は10年前に死去しふたりの小学生がいます。 私は実母から殺されそうな酷い虐待を日々受けて育ちました。きょうだいが ありますが、怖さから母に加担する子達でした。 自分でいうのもナンですが、私はそのわりには明るく育ちました。 虐待については父に訴えたことが1度だけありましたが、私に虚言癖があるという母の話が信用されて、孤立を深めただけでした。 大人になり、早めの独立、結婚をして、実家とは程よい距離でうまくやっています。 しかし。同性の悪意が怖いです。 無礼なことをされたり、図々しいお願いをされてもシャキッと出来ず、それが原因で保護者のなかでよくイジメにあう気がします。 現在、役員をやっています。これは本来母子家庭は免除ですが、手違いで私の不在時に決まってしまったということで私になりました。 私が仲の良い人は誰もいない三役さん5名と委員長の私で始まり、初っぱなから軽い意地悪はありましたが、今から思えばあれは意地悪だったんだなとおもう位の微妙なものでした。 集合場所を決めて連絡したけれど勝手に副会長が変更していて、私はさんざん待ってからやっと皆を見つけて着いた時には話し合いを大分進めてしまっていた、とかです。 この人たちにそれまで関わったことがなく恨まれる理由はないと思ったので、そういう事が10回ほどありましたが、ただの癖のある人たちが集まっただけと思い、特に警戒しませんでした。 半年過ぎた頃、地道に細やかに活動してきた成果がでて、昨年度より結果がよかったり、校長から○○委員長のお陰ですというようなお褒めを頂くようになりました。その頃から副会長が非協力的になり、全員参加の活動に無理矢理の理由をつけて来てくれない、目立つところだけ出てくる、対外的に約束してある活動を「しない」と言い出して三役が同調してしまい、そのたび他に解決方法が浮かばず、私が外部に、私の勘違いでこのようなことが起こったと謝ることでみんなを守っているつもりでした。 来年度役員選出のとき、トラブルが起きました。それはありがちな、免除してほしい・駄目だという言い合いでしたが、次期委員長は決定していたので彼女の権限で免除を受け付けることになりました。 しかし副会長が勝手に、その渦中の人を免除しないので決定は取り消しだとPTA本部に伝えてしまったため、私は今回はハッキリ言おうと思い、そういうことをする権限はあなたにはありませんから勝手にこのようなことをしないでください、と言いました。そして、結束している人たちがいるのを知っているので、三役全員に、「このようなことが起こりましたが間違いだと思います。再発防止についてそれぞれが考え、今後もご協力のほどお願いいたします」と一斉メールしました。 すると副会長から「あなたは思い込みが激しい」「自分は副会長として当然のことをしただけ」「あなたが言っていることは嫌がらせ」「一斉メールは吊し上げ」等々メールでの反論が続き、直接会って和解しようと思いましたが「会っても話すことはない」と電話にも出ず、電話は旦那さんが出て断られてしまいました。 そして、副会長と三役さんは仕事をふっても動かず返事もしてこないという「無視」を始めました。この状態が10月から続いています。 こうなってから、私は人知れず鬱状態になってしまい、車をぶつけたり、仕事を忘れたり、家事をしないといけないのに起き上がれなかったりしています。変化を感じているのは我が子だけかと思います。 自分がどこか、いじけた雰囲気や苛めたくなる何かを持っていてこのようなことが繰返し起こるのではないかと思いますが、それとは違う原因でしょうか? 仲間外れにされたことが前にもあります。中心は今回の三役の人の親友に、2年間にわたり毎日のような子どもへのクレームと、ありもしない噂でした。 私が道で男性と抱き合っていたとか、同級生父に色目を使うとか、ラブホテルにばかり行っているとか、性的な嫌悪感を抱くことばかりです。その人の夫から言い寄られて困り、必死に断った事がありましたが、私は誰にも口外しておらず、彼女の意地悪の原因はいまいち分からずじまいでした。 鬱持ちだと自覚はありますが、夫が事故死したとき以外は心療内科にかかったことはありません。拒食になり、過去の母子関係が影響していると説明を受けたら心の整理がついて解決しました。その時に鬱病ですとも言われましたが、自分で解決していくから薬は欲しくないと断り、通院歴はありません。 しかし今回、心がその事で常に重苦しく、失敗ばかりしてしまう自分を心細くも感じ、三役さんが躊躇なく無視し続ける状況に傷つきもし、解決方法も分からず、自分の言動に問題があって人に迷惑をかけていて嫌われるのだろうかとも思うので、冷静な意見を頂きたくなりました。宜しくお願いいたします。
飯野哲夫
母子家庭で仕事もこなし、2人のお子さんを育てながら委員長として役員の仕事も…… しっかりした人でなければ、こなせない量と責任です。 本来無理だから母子家庭は免除のはずですが、あの人ならできるということだったのではないでしょうか。 多少の意地悪があったとしても「昨年度より結果がよかったり、校長から○○委員長のお陰ですというようなお褒めを頂く」という結果があったということからすると、選ばれるだけの理由があったように思われますね。 ただ、文章からすると評価がいいことが逆に、副会長の感情を刺激した可能性もあるかもしれません。 それが嫉妬とか、うらやましいとか、悔しいなのかは分かりませんが…… いずれにしても風通しがあまり良くないPTAに当たってしまったのかもしれません。 質問者様の魅力にひかれて、断っているのに妻がいながら言い寄ってくるような男性ですから、言い寄っていることがバレでもしたら「質問者様から言い寄られて困っている」と妻にあべこべの言い訳をしてもおかしくはないでしょう。 それを信じた妻は、噂をまき散らして復讐することもあるのではないかと思います。 まったく理不尽なことですが、三役の親友の夫婦でしたら、三役の人に積極的に話している可能性は高いでしょう。 親友から聞かされたら、あまり疑ったりはしないでしょう、親友ですから。 するとはじめから、あまり良くない印象がその三役の方の中ではできあがっていたのかもしれません。 副会長の人柄やまわりの環境など、いま現在、好ましくない状態のようですね。 現状で無視が10月から続いているとすると苦しいでしょうし、業務に差し障りや遅れもあり、そのことも辛いのではないかと思います。 いっそのこと無視をしている人たちに全て投げて、委員長を辞めてしまうことも方法でしょう。 「本来母子家庭は免除」だったはずですから、それが証明されるだけですから。 あるいは逆にこちらから無視して、すべての業務を行っても同じでしょう。 ( 時間等もあり、あまり現実的ではないかもしれませんが ) 現状で機能していない組織ですから、あまりこの先も上手くいかないかもしれません。 だとすると、自分が楽になることを考えることが一番でもいいのではないかと、勝手ながら感じてしまいます。 今後のことは、何が一番大事なのか、それによりけりでしょう。 PTAの委員長としての仕事や責任か 無視する人たちと和解することか 「変化を感じている」子どもの母親としてか 心身の健康か …… … 今回のことについて、あまり鬱も過去のトラウマも関係ないようには感じます。 多少意地悪されても動揺したりしないことは、強さを持っているということであり、素敵なことですよ。 ただ、そうした強さを持っていない人からすると、理解できないこともあるのかもしれませんね。


回答者:飯野哲夫

みんなの相談 質問者
子供の心理相談を終える時は、ドクター(?)、相談員(?)の方から言われるのを待つものでしょうか? 時間でなく期間です。 あることで半年以上前から児童心理相談に月2回通っています。 元 々のきっかけになったことについては改善はされていませんが、私がもう少し大きな目で見ようという気持ちになれたのでそれは良かったと思っています。 毎回、子供は先生に学校の愚痴を聞いてもらったりアドバイスをもらったりしています。 私とは違う視点で話してくださったり、良いと思う点も多々あるのですが、先生のあいている(予約をとれる)曜日、時間が限られていて正直キツくなってきました。 先生はうちが習い事等で先生の都合となかなか難しいのはご存知ですが、あいていないと結構ギリギリで予約することになってしまいます。 元々通うことになった原因については改善されていなくて残念ですが、私の意識が少し変わったので、しばらくお休みというか離れてみようかと思うのですが、こちらからそういった話をしてよいものか迷っています。 心理相談などを終えられた方の経験談などお聞きできれば嬉しいです。
田辺寿夫
月2回のペースで半年以上通われたんですね。 カウンセリング期間としては十分だと思いますよ。 お母さん自身の意識が変わったとのことですし、問題の原因が改善されていないとしても、努力の方向や親子での話し合いの時間などは見えてきたんじゃないでしょうか? 次回お話しをするときに、自分の意識が変わって、努力の方向も見えてきたので、 いったん、様子をみる期間を作ってみていいですか?と聞いてみてば、いいと思います。 決めるのは依頼主であって、相談者ではないのが原則ですから、 もし、それを止めるような相談所、またはカウンセラーであった場合は逆に離れたほうがいいですよ。 お子さんの心理問題はデリケートで難しいと思いますが、ゆっくり、話しを聞いて 子供の視点で考えて、一緒に努力の方向を見つけるようにしていけば、たいていの 問題は親子で解決できると思います。 焦らず、ゆっくり、じっくり、やってみてください。 お母さまも、ご無理ないように、 ご自愛くださいね。


回答者:田辺寿夫