就職、転職-質問と回答-1~1件目 | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景

就職、転職-質問と回答-1~1件目

みんなの相談 質問者

転職がしたいのですが踏み切...

みんなの相談 質問者

転職がしたいのですが踏み切れません。長文になりますがこの場で相談させてください。 私は高卒で今の会社に入社し、北海道・札幌で接客・小売業のスタッフとして働いています。今年で3年目です。 正直入社してから半年くらいで辞めたいなと思っていました。理由はというと会社に独身寮があり、親元から離れて生活することで自立した自分を見せて親を安心させてやろうという気持ちがあり、面接等が学校の就職面接解禁からすぐに受けられて早い段階で結果が分かるという点でも「なるべく早い段階で就職を決めて早く親を安心させてやろう」という理由で仕事の内容をあまり考えずに就職してしまい、3年たった今でも仕事が面白くなく状態が続いているからです。 なぜそんなに早く就職を決めてしまおうかと思っていたかと言いますと、私が高校二年生の時に地元の隣の市で働いている2つ上の兄の勤めている会社が合併し(電気工事関係の会社ですがどんな会社かは覚えていません)兄が東京へ転勤、そこで精神を病み退職して帰ってきたからです。当時はそれに加え私が中学生の時に父親の勤めている会社が倒産し、今まで貯金を切り崩して生活をしていたものですから子供心に不安を覚え自分がしっかりしないと、と思っていました。幸い二世帯住宅で祖父母の年金に助けてもらったり貯金はあったようなので私が卒業するまで部活動もやらせてもらったし兄が一人増えても特に変わらない生活を送ることができました。高校3年生になる手前で父親の再就職先も決まり、兄も気持ちが落ち着いてきた様子だったので少しずつ良い方向に向かっていると思い、この流れを断ち切ってはいけないと早め早めの就職活動となった次第です。 そして今の私の周りの現状ですが、まず父親が高校3年生の1月に亡くなり、今年の春の時に祖母が亡くなりました。加えて母親が倒れ現在は普通に生活しているものの人工透析で数か月に一回入院をしなければなりません。現在実家には母、兄、祖父の三人がいます。母が入院中は祖父は介護センターに預けています。兄は現在発達障害との診断を受け、障碍者手帳を持ちながらも支援センターでのアルバイトをしており少ない額ではありますが自分の稼ぎを持っております。それでも基本的には人とは話さず、祖父との交流も少ないです。なので介護等は母親と祖父が話し合いをしながらやっております。生活費は基本祖父の年金と、父親が亡くなった時の保険料と遺族年金です。それでも介護センターの利用料や人工透析の通院・入院費があるので長くはもたないと思います。 この様な状況を踏まえ、転職・退職しようにも下手な行動をとれば全てを失いそうで怖いというのが現状です。しかし、自分の気持ちとしては今の会社を辞めて異業種の仕事をしたいと思っています。できれば北海道を出て生活もしてみたいです。ですがぼんやりと「ここではない」と思いながらも自分のやりたいこともしたいこともわからないし、実際に勤務地が本州になれば実家に何かあった時に駆けつけることが難しくなってしまうのでは?と危惧しています。母親には一度相談しており、本州にも行ってみたいと軽く触れています。その際には、私がしたいことをしてくれればいい、実家にいてくれるなら助かりはするけど遠慮はいらない、との回答でした。(それが本州でもいいよというわけではないでしょうが) 私はどうすればいいのか。今の会社にずっといる気もありませんが、実家のことが心配です。でも気持ちとしてはやってみたい、という中途半端な気持ちしかありません。転職に関することで皆さんの意見をお聞かせください。お願い致します。

飯野哲夫

「入社してから半年くらいで辞めたい」と思い、いまも「自分の気持ちとしては会社を辞めて異業種の仕事をしたい」と考え、かつ「今の会社にずっといる気も」ない。 とすると、真剣に転職を考えることは大正解だと思います。 こうして長文を書くだけでも、自分のこと、自分を取り巻く環境の整理になったことだと思います。 転職を真剣に考えた結果、転職をすることも1つですし、考えたけれど仕事を続けるという結論になったとしても、中途半端ないまとは全然違うものになるでしょう。 あなたは兄の状態や父の会社の倒産など家族の状況を理解し、なにより良い方向の流れを断ち切ってはいけない、親を安心させたいと早く就職を決めました。 そしていまも、母親の透析、祖父の介護、兄の障害と様々なことがあり、家族のことを考えて心配せずにはいられない状況のようです。 わがままを通す若者とはたくさんいますが、あなたはとても家族思いで優しいのですね。 おなじような環境だったら、何もかも面倒で本州へ逃げてしまう人だっていることだと思います。 ただ、家族への思いやり、優しさゆえに、「自分の転職したいという気持ちを行動にうつせない」という苦しい状態のまま、ずっと仕事をつづけているようです。 この状態のままで、いまの仕事で割り切れないとすると、この先もずっとおなじ「転職したい」「辞めたい」という気持ちを抱えながら何年も過ごすことになってしまいます。 それはキツイことでしょう。 ここはひとつ、家族のことを1度切り離して、自分の仕事、自分の将来を考えてみましょう。 それは家族のことは切り捨てる、ということではありません。 「自分の気持ち」とあなたの「家族への思いやり」がこんがらがって、まるで1本の糸のようになってしまっていると思うのです。 ですからそれを、分けて考えてみようということです。 仕事をしながら、いまの自分を見つめてみましょう。 何がしたいのか? どんなことが得意なのか? 自分にはどんな能力があるのか? 履歴書にはどんなことが書けそうか? いまの仕事で楽しいことは? いまの仕事で自信を持ってできたことは? 別の仕事についたら、何時から何時までの勤務か? その仕事の給料は …… … これを考えて整理するだけでも大変時間がかかることかもしれません。 早く終わった就職活動のやり直しと思ってみてはいかがでしょうか? まず自分のことを考えてみましょう。 そのあとで、現実的なこと、家族のことも考えてみましょう。 その業種は札幌にあるのか?地元の近くにあるのか?北海道にあるのか?本州でなければないのか? 家族との連絡体制は? 駆け付けるには、どのくらい時間がかかるのか? ( 遠方ならば休みを取る必要もあります ) 駆け付けるには、どの位の費用が1度あたりにかかるのか? …… … 自分の思いと家族のことを一緒に考えると、すぐに「でも実家が……」とか「自分はそれでいいのか?」などグルグルと回ってしまい、中断してしまって考えがまとまらないと思われます。 まず『ぼんやりと「ここではない」と思いながらも自分のやりたいこともしたいこともわからない』ということに向き合い、いったん家族を横に置いて、自分を知ることからはじめることをお勧めします。 そのうえで本当に転職がベストか?異業種ならどんなこと?ということを明らかにしてみてはどうかと思います。 そのうえで家族のことを考えて、納得できることを選びましょう。 参考になれば幸いです。

回答者:飯野哲夫

現在86名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 

おすすめ記事

就職、転職-質問と回答-1~1件目

みんなの相談 質問者
転職がしたいのですが踏み切れません。長文になりますがこの場で相談させてください。 私は高卒で今の会社に入社し、北海道・札幌で接客・小売業のスタッフとして働いています。今年で3年目です。 正直入社してから半年くらいで辞めたいなと思っていました。理由はというと会社に独身寮があり、親元から離れて生活することで自立した自分を見せて親を安心させてやろうという気持ちがあり、面接等が学校の就職面接解禁からすぐに受けられて早い段階で結果が分かるという点でも「なるべく早い段階で就職を決めて早く親を安心させてやろう」という理由で仕事の内容をあまり考えずに就職してしまい、3年たった今でも仕事が面白くなく状態が続いているからです。 なぜそんなに早く就職を決めてしまおうかと思っていたかと言いますと、私が高校二年生の時に地元の隣の市で働いている2つ上の兄の勤めている会社が合併し(電気工事関係の会社ですがどんな会社かは覚えていません)兄が東京へ転勤、そこで精神を病み退職して帰ってきたからです。当時はそれに加え私が中学生の時に父親の勤めている会社が倒産し、今まで貯金を切り崩して生活をしていたものですから子供心に不安を覚え自分がしっかりしないと、と思っていました。幸い二世帯住宅で祖父母の年金に助けてもらったり貯金はあったようなので私が卒業するまで部活動もやらせてもらったし兄が一人増えても特に変わらない生活を送ることができました。高校3年生になる手前で父親の再就職先も決まり、兄も気持ちが落ち着いてきた様子だったので少しずつ良い方向に向かっていると思い、この流れを断ち切ってはいけないと早め早めの就職活動となった次第です。 そして今の私の周りの現状ですが、まず父親が高校3年生の1月に亡くなり、今年の春の時に祖母が亡くなりました。加えて母親が倒れ現在は普通に生活しているものの人工透析で数か月に一回入院をしなければなりません。現在実家には母、兄、祖父の三人がいます。母が入院中は祖父は介護センターに預けています。兄は現在発達障害との診断を受け、障碍者手帳を持ちながらも支援センターでのアルバイトをしており少ない額ではありますが自分の稼ぎを持っております。それでも基本的には人とは話さず、祖父との交流も少ないです。なので介護等は母親と祖父が話し合いをしながらやっております。生活費は基本祖父の年金と、父親が亡くなった時の保険料と遺族年金です。それでも介護センターの利用料や人工透析の通院・入院費があるので長くはもたないと思います。 この様な状況を踏まえ、転職・退職しようにも下手な行動をとれば全てを失いそうで怖いというのが現状です。しかし、自分の気持ちとしては今の会社を辞めて異業種の仕事をしたいと思っています。できれば北海道を出て生活もしてみたいです。ですがぼんやりと「ここではない」と思いながらも自分のやりたいこともしたいこともわからないし、実際に勤務地が本州になれば実家に何かあった時に駆けつけることが難しくなってしまうのでは?と危惧しています。母親には一度相談しており、本州にも行ってみたいと軽く触れています。その際には、私がしたいことをしてくれればいい、実家にいてくれるなら助かりはするけど遠慮はいらない、との回答でした。(それが本州でもいいよというわけではないでしょうが) 私はどうすればいいのか。今の会社にずっといる気もありませんが、実家のことが心配です。でも気持ちとしてはやってみたい、という中途半端な気持ちしかありません。転職に関することで皆さんの意見をお聞かせください。お願い致します。
飯野哲夫
「入社してから半年くらいで辞めたい」と思い、いまも「自分の気持ちとしては会社を辞めて異業種の仕事をしたい」と考え、かつ「今の会社にずっといる気も」ない。 とすると、真剣に転職を考えることは大正解だと思います。 こうして長文を書くだけでも、自分のこと、自分を取り巻く環境の整理になったことだと思います。 転職を真剣に考えた結果、転職をすることも1つですし、考えたけれど仕事を続けるという結論になったとしても、中途半端ないまとは全然違うものになるでしょう。 あなたは兄の状態や父の会社の倒産など家族の状況を理解し、なにより良い方向の流れを断ち切ってはいけない、親を安心させたいと早く就職を決めました。 そしていまも、母親の透析、祖父の介護、兄の障害と様々なことがあり、家族のことを考えて心配せずにはいられない状況のようです。 わがままを通す若者とはたくさんいますが、あなたはとても家族思いで優しいのですね。 おなじような環境だったら、何もかも面倒で本州へ逃げてしまう人だっていることだと思います。 ただ、家族への思いやり、優しさゆえに、「自分の転職したいという気持ちを行動にうつせない」という苦しい状態のまま、ずっと仕事をつづけているようです。 この状態のままで、いまの仕事で割り切れないとすると、この先もずっとおなじ「転職したい」「辞めたい」という気持ちを抱えながら何年も過ごすことになってしまいます。 それはキツイことでしょう。 ここはひとつ、家族のことを1度切り離して、自分の仕事、自分の将来を考えてみましょう。 それは家族のことは切り捨てる、ということではありません。 「自分の気持ち」とあなたの「家族への思いやり」がこんがらがって、まるで1本の糸のようになってしまっていると思うのです。 ですからそれを、分けて考えてみようということです。 仕事をしながら、いまの自分を見つめてみましょう。 何がしたいのか? どんなことが得意なのか? 自分にはどんな能力があるのか? 履歴書にはどんなことが書けそうか? いまの仕事で楽しいことは? いまの仕事で自信を持ってできたことは? 別の仕事についたら、何時から何時までの勤務か? その仕事の給料は …… … これを考えて整理するだけでも大変時間がかかることかもしれません。 早く終わった就職活動のやり直しと思ってみてはいかがでしょうか? まず自分のことを考えてみましょう。 そのあとで、現実的なこと、家族のことも考えてみましょう。 その業種は札幌にあるのか?地元の近くにあるのか?北海道にあるのか?本州でなければないのか? 家族との連絡体制は? 駆け付けるには、どのくらい時間がかかるのか? ( 遠方ならば休みを取る必要もあります ) 駆け付けるには、どの位の費用が1度あたりにかかるのか? …… … 自分の思いと家族のことを一緒に考えると、すぐに「でも実家が……」とか「自分はそれでいいのか?」などグルグルと回ってしまい、中断してしまって考えがまとまらないと思われます。 まず『ぼんやりと「ここではない」と思いながらも自分のやりたいこともしたいこともわからない』ということに向き合い、いったん家族を横に置いて、自分を知ることからはじめることをお勧めします。 そのうえで本当に転職がベストか?異業種ならどんなこと?ということを明らかにしてみてはどうかと思います。 そのうえで家族のことを考えて、納得できることを選びましょう。 参考になれば幸いです。


回答者:飯野哲夫