生き方、人生相談-質問と回答-11~20件目 | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景

生き方、人生相談-質問と回答-11~20件目

みんなの相談 質問者

回答リクエスト失礼します。...

みんなの相談 質問者

回答リクエスト失礼します。 bvboukenka_1965さん、助けてください(泣) 悩んでいたことが一度スッキリしても5時間くらい、最長でも2日経てば、また振り出しに戻ってしまいます。 スッ キリしたときには「絶対そうだ!これが答えだ!普通に考えてこれ以外ない!」と悩んでいた自分がバカバカしくなりますが、結局は振り出しに戻って「いや、これが答えだったのかもしれない」と落ち込みます。 落ち込んでスッキリして、また落ち込んでスッキリして…をもう1ヶ月も繰り返しています。 落ち込んだときは、自分の中で分析して頭で理解(メモ帳に分析してまとめたものを読む)⇒次に心で感覚を理解していますが、この作業でも結構ストレスが溜まります。 人と喋ったりペットと触れ合ったりしているときにスッキリしやすいです。 一方で、同じ『スッキリ』でも毎回感覚が微妙に変わっている事が不安です。 (「明るい赤だ」⇒「いや、前は明るい赤だと思っていたけど濃い赤だ」⇒「違う!薄い赤だったんだ」という風に。) まだ考えが続くのかもしれないですが、最終の考えが現実でしょうか。 それとも、毎回感覚が微妙にでも変わっているという事は、落ち込んでいる状態が現実でしょうか。 どれが現実なのかを知りたいです。 何度も振り出しに戻る原因についてなのですが、この件とは別に、以前から妄想癖を持っています。 この影響もあるのでしょうか。 妄想さえやめれば、どれが現実なのかもわかるのでしょうか。 (今まで気がついたら頭の中が妄想状態になることもありましたが、この件を境にやめたいと思い、最近は気付いたときに自分に歯止めをかけています。 そう簡単にはやめられませんが…。) そして今なのですが、昨日の夜から落ち込んでいて、このままではやりたいことができないから…と強引に無心になるように今日、過ごしました。 完全に無心になれたわけではなく、頭を過りながらモヤモヤしながら、この文章を書きながら考えてみると、むしろ落ち込んだ状態のままだったのかもしれません。 そのせいか、落ち込んでいる状態が現実で当然だという気持ちになりました。 余計にモヤモヤしている今からも脱したいです。 ダラダラと書いてしまってすみません。 お力を貸してください(泣)

熊山 達也

リクエストありがとうございます。 悩みに巻き込まれて苦しんでいるのですね・・・。 あなたは、自分の心に囚われてしまっているのだと思います。 心とは、気分・思考・想念・感情など何と呼んでも構いませんが、非実在の幻想です。空に例えるならば、来ては去っていき、現れては消えていく雲のようなものです。それゆえ気分は、あなたの言う通り、良くなったり悪くなったりを繰り返します。 気分は「本当の自分」ではありません。それは、あなたの想念が作り上げた「偽の自分」なのです。安心して下さい。 「では、気分に巻き込まれないためにはどうすればよいのでしょうか?」・・・ 落ち込んだ気分を感じた時は、その気分に対して「抵抗したり、分析したり、判断したり、評価したり、執着したり、依存したりしない!」ことです。その気分を、ただ単に目撃し、観照して下さい。放っておくのです。そうすることによって、気分は自然に消滅していきます。 「本当の自分」とは空です。空は、雲に全く影響されません。 空とは『純粋な意識』を意味します。『純粋な意識』が「本当のあなた」なのです。それゆえ、安心して下さい。 ご参考になれば幸いです。

回答者:熊山 達也
みんなの相談 質問者

熊山先生、リクエストさせて...

みんなの相談 質問者

熊山先生、リクエストさせていただきます。 今月も、もう3分の2が過ぎました。 ちょっと何かで遊んだり、作業している内に あっという間に1ヵ月が過ぎます。 夢ややりたいことがあるのに叶わず、 時間の流れが速すぎて年だけ取っていきます。 年を取っていく(死や老いに近づいていく)のが怖いです。 かといってどこか冷めている所があって 燃えるような行動力や情熱もなく結局何も出来ません。 陳腐な悩みですが、、どのように考えると良いでしょうか。

熊山 達也

リクエストありがとうございます。 私もあなたと同じように感じることがあります。 そして、私たち人間のほとんどは、そのように感じて生きていると思います。では、「私は死を恐れています!」と言っている「私」とは「誰なのでしょうか?」。 次のように自問してみて下さい・・・ 「年を取っていくのが怖いです!と誰が言っているのか?」 「結局何もできません!と誰が言っているのか?」と。 真の問題は、「誰」がそれを言っているのか? ということです。 それを言っているのは、人間の苦しみの根源である自我(エゴ)以外にはありません。そして、エゴは虚構、聖なる催眠です。エゴと自己同一化しないことです。「私」や「私のもの」といった想念(エゴ)を手放してみて下さい。 「本当のあなた」は純粋な意識です。意識が存在するすべてです。 幸せの本質とは、ただ単に在ることです。存在が幸せなのです。 時間が足りないのはあなたの身体であり、あなたではありません。時間と空間はマインドの中にのみあります。本当のあなたを理解して下さい。あなたは束縛されてはいない永遠の存在なのです。 死の始まりは、誕生とともに起こっています。誕生の時には、すでに10か月死んでいる、10か月分年を取っているのです。生まれたものは必ず死にます。生まれた時から死に向かって生きているのです。人生とは生と死で成り立っています。それゆえ、死がなければ誕生もありません。人間は何千年も生まれ続け、死に続けています。生まれたものは身体であり、身体の死は、数千年も起こり続けています。肝心なのは、あなたはその身体ではないということです。身体と本当の自分を同一化させないことです。 死は熟睡のようなものです。熟睡には平和があります。なぜなら、熟睡している時、エゴは存在していないからです。それゆえ、悩んでいるのはエゴであり、あなたではありません。 幸せとは、新しくつくり出したり、何かを加えて得られるものではありません。なぜなら、幸せとは、あなたの内面に存在する純粋な意識だからです。幸せとは、内面に意識を向け、誤った思考をひとつずつ捨て去っていくことで感じることができるものなのです。 ご参考になれば幸いです。

回答者:熊山 達也
みんなの相談 質問者

何の為に働いてるのか…とい...

みんなの相談 質問者

何の為に働いてるのか…という虚無感に襲われます 工場勤務です 毎日早く起き残業をし遅くに帰り寝る そんな毎日が続く中何の為なんだろう?となってしまいます 仕事内容も単純な為より一層思ってしまいます よくある3ヶ月目は辞めたくなる の類だとは思いますが乗り切り方を教えていただきたいです

熊山 達也

働くとは・・・? 『働くとは、自分を磨く最高のトレーニングです!』 あなたが今、着ている服は、誰がつくったのか? あなたが今、食べている魚は、誰がとってきたのか? あなたが毎日、使っているシャワーは、誰がとりつけたのか? 「働くとは、“ハタ”を“楽”にすること!」なのです。 働くとは、モノを積み上げることではなく、他者に奉仕することです。 蓄積ではなく、貢献なのです。 働くとは、行為者ではなく「行為」です。つまり、「働くという行為」そのものが報酬なのです。 働くとは、生きる糧を得るとともに、自分を磨く最高のトレーニングです。 トレーニングを楽しみながら、お金がもらえるなんて、こんな素晴らしい行為は他にはありません。 一生懸命に働くことによってしか、人間の心を磨くことはできません。 私たちの勇気を育て、人間として成長させてくれるものは、仕事をおいて他にはありません。仕事というものがなければ、人生は、ただ単に退屈なものになってしまいます。 南の島で美しい海を見ながらワインを飲む生活は、三日で飽きるでしょう。 仕事というものは、人間の社会の中に、ひとつの居場所を確保してくれます。 机上の知識は、畳水練と同じです。 経験に勝るものはありません。 人間は、「働く」という「行為」を通じて幸福になるのです。

回答者:熊山 達也
みんなの相談 質問者

人生の勝者ってどんな人です...

みんなの相談 質問者

人生の勝者ってどんな人ですか? 大成功した人でも短命だとそうじゃないような気がします

熊山 達也

大成功した人でも、常に成功し続けることはできません。 なぜなら、目に見えるこの世の中というものは、日々流転していきます。 すべての物事は同じ状態が続かず、何もかもが変化していきます。 これがこの世の中(二元性)の原則・真理・本質であり、自然の法則です。 それゆえ「本当の勝者」とは、「不安定を喜んで享受した者」だと思います。

回答者:熊山 達也
みんなの相談 質問者

好奇心がなく、物事に関心が...

みんなの相談 質問者

好奇心がなく、物事に関心がない理由、またそういった場合の対処法を教えて下さい。 私は24歳の男性です。私は上記のような性格です。そんな私にも好きな物は一応あって、英語の翻訳がまあまあ好きなんですが、その英語によって語られている内容そのものには興味がないのです。ただ翻訳という作業その物、それをいかに正確に美しくこなせるかに価値を感じます。社会事象にも興味がありません。当然自分の意見などありません。全くの他人事に感じます。世の中の普通の人は一体どうやって世の中の出来事を自分のこととして受け止め、またそれを詳細に記憶し、他人と議論できるのか理解できません。なぜそこまで強い関心が持てるのか。 私は精神年齢が低いのでしょうか?アスペルガーなのでしょうか?(診断サイトではその可能性は低いと出ましたが)その他の発達障害なのでしょうか?スキゾイドパーソナリティ障害でしょうか?(自分ではこれが一番可能性が高いと感じます) 人間関係にも興味ゼロです。友人もいませんし、特定の異性を愛することもありません。会話はいつも私が聞き役になり、自分から振る話題はありません。他人が何を考えて生きているのか皆目見当もつきません。私に優しくしたいのか、騙そうとしているのか、本当に好きであれこれをするのか、それとも人目を気にするキョロ充にすぎないのか? ブッダのように樹下で瞑想して生きたいと思うこともあります。 文面からして私はどういう人間に映りますか?

小野塚玲子

ここは病院ではありません。 正確な判断は医師がすることです。 ネットの情報を鵜呑みにしてはいけません。 自分が他の人と明らかに違うなと感じているのであれば、精神科に受診なさって下さい。 一つの事だけ執着するというのは 多くの精神疾患でも症例としてあげられます。 何に対しても関心が無いというのは例えばですが、目の前にご両親がいて、怪我をなされて血を流して苦しんでいるのを見たら「かわいそうだ なんとかしなければ」と思いますか?それとも「怪我だ 救急車を呼ぼう」としか 思いませんか? 感情があれば、それは本人の性格だと思います。 感情がなければ 精神科に受診なさることをお勧めします。

回答者:小野塚玲子
みんなの相談 質問者

母は数回流産をしてあたしを...

みんなの相談 質問者

母は数回流産をしてあたしを産み、その3年後に弟を産みました。あたしは生まれつき心臓に疾患があり手術を小1でしましたが運動部にも入り仕事も普通にしています。ただ、年1で定期検診、体は昔から食べても太りにく い体質で痩せ型です。弟は特に問題はなく同じ運動部にも入り立派に社会人になり働いています。ただ風邪をひき熱を上げやすく体調を崩すことが多いです。 父方の祖母は小さい頃に両親を亡くし学校にも行けず苦労してきた人なので、なかなかその苦労を言葉で聞いただけではわたしたちは全部を分かってあげられないのですが、やはりそのような人なので昔から母にも当たりが厳しめです。祖母は、母がなかなか授からず流産を繰り返したことと、わたしたち孫があまり身体が丈夫でないことを関連づけて話すのですごく複雑な気持ちで聞いてしまいます。母のせいだというニュアンスで。あまり気にせず聞き流すくらいがちょうどいいと思いますが、30代前半の独身子なしのわたしは結婚や出産が可能なのかの先々の不安も合わさって、まともにこれらを聞いているとメンタルにドシーンときます。祖母も去年息子に先立たれてしまい悲しみに暮れ、だいぶ弱ってきましたが、それでも80歳後半にしては体が元気な方です。家族苦労してきたぶん祖母にはひ孫、母には孫を見せてあげたいところですが、先のことは自分でも分かりませんね(._.)質問と言うより愚痴みたいになってしまいましたが、少し前向きになれる考え方、生き方のアドバイスがあれば教えていただきたいです。

小野塚玲子

これは 昔からある問題ですね。 昔は 子供が産めない嫁は うまずめ と呼ばれて 離縁されても仕方ない状態でした。 あまり、祖母や母に対してかわいそうだなと思わないで下さい。そういう時代だったのです。 又、遺伝子的にも 身体が弱い遺伝子が受け継がれていると思われますので、そういう場合は、全く田舎や実家と遠い所の人と結婚したらいいと思います。 これは 例えば従兄弟などと結婚した場合、同じ遺伝子が流れているので身体が弱い遺伝子が強く反映されます。 外国人と結婚した子供が ものすごく美人だったりハンサムだったりスタイルが良かったりするのは 全く違う遺伝子を取り込むので優性遺伝子だけが選ばれるからです。つまり、父と母の優れている部分だけを子供に受け継がせる遺伝子です。 外国人と出会うのは難しいでしょうが、質問者さんが北海道に住んでいれば沖縄の人とか。距離が離れていれば離れているほど遺伝子に似通った部分はなく、優性遺伝子が残されます。何もご心配なさらずに結婚相談所に登録して距離の離れている人を選んでみてはいかがでしょうか?

回答者:小野塚玲子
みんなの相談 質問者

短気な性格はどうしたら改善...

みんなの相談 質問者

短気な性格はどうしたら改善できますか?

熊山 達也

短気の最終的結末を認知することです。 次のように自問してみて下さい・・・ 「私は、短気であることによって、最終的にどのような気分を味わうだろうか?」 「短気であることは、私にとってどのようなメリットがあるだろうか? また、どのようなデメリットがあるだろうか?」 メリット・デメリット両方の答えを具体的に細かく書き出して下さい。 そして、メリット・デメリット両方を把握して上で、自分にとって合理的な思考とはどのようなものかを具体的に書き出してください。

回答者:熊山 達也
みんなの相談 質問者

わたしは哲学的?な事を考え...

みんなの相談 質問者

わたしは哲学的?な事を考えるのが止められません。軸がそこにあるような感じで、それを蔑ろにする行為に思えると心が進みません。家族や大人に相談しますが、解決しません。それが、ある意味正しいのかもしれないと 思います。しかし、このような状態では、やらなければいけないことに全く手が回りません。それどころじゃないと、体が拒否反応を起こしているような感じです。キャンセルをすれば大きな迷惑が相手にかかってしまうような仕事がどんどんのしかかってきて、このままズルズルと引き受けてしまうのも良くないと思います。きっとその課題をやり遂げれば得られることも大いにあるのだろうと思いますが、今までにもその繰り返しでもうやめたくなりました。 心が通う人もなかなかいません。もしいるのなら共倒れするようにも思います。 生きる意味も分からないので、そうすると色んな意味が分からなくなっていきます。 今すぐに死ねないのなら、用無しでも絶望しつつも、生きていかないといけないのでしょうか。 前向きに生きられる理由や、また、そうしていく意味などを教えて下さい。

熊山 達也

私たち生命の使命とは・・・ 「生きる意味」を問うことではなく、起こることに対して、「行為者」ではなく、 ただ単に「行為」をすることである。 「私」という自我(エゴ)が消滅すれば、「純粋な意識」が機能するだけである。 そこには「行為者」は存在せず、起こることに対しての「行為」が為されるだけです。 それゆえ、起こることに対して、ただ単に「行為」をすることによって、 「純粋な意識」が明るみに出てきます。 「行為者」の不在とは、結果の不在を意味します。 なぜなら、人間の苦しみの根源である「エゴ」に巻き込まれないからです。 「エゴ」の死とは、まさに、平和、愛、至福を意味します。

回答者:熊山 達也
みんなの相談 質問者

突然なのですが、自分には長...

みんなの相談 質問者

突然なのですが、自分には長所が見つけることができません。短所ばかりみつけてしまいます。よく、短所は長所にもなると聞きますが自分はそうは思えません。自分は自分の汚い考え方等が大嫌いです。そして、わかって いてもそうしてしまう自分のことも大嫌いです。何度か友達に自分のことを優しい人だ。良い人だ。周りに気配りができる人だ。などと言われたことがあります。仮に周りにそう見えていたとしても、自分のする優しさや気配りというのは本当に誰かのためになりたい!とか助けてあげたい!とかそういう自然にでる綺麗なものではなく、そうやって誰かに優しくするふりをして、そうしている自分を他人に見て欲しい、評価してほしいという考えが常にあります。要するに自然な優しさや気配りではなく、誰かの顔色や自分への評価をあげることしか考えていません。そして、そういう考え方の自分が大嫌いでたまりません。自分を守ってしまう自分が大嫌いです。 こんな自分はどうすればいいのでしょうか? 長文ですみません。

熊山 達也

自分を責めるのはやめましょう。なぜなら、自分を責めても何も解決にはなりませんし、あなたの人生に豊かさをもたらさないからです。 この世界は、すべて二元性で成り立っています。 人間の長所と短所、肯定的感情と否定的感情、ポジティブとネガティブなどは、 どれも表裏一体で、二つで一つであるという真実を理解することです。 もし、短所しか存在しないのであれば、短所という感覚や言葉も存在しません。 それゆえ、あなたの短所の裏には、常に長所が隠されているのです。 私たち人間は皆、常にどちらか片方だけを欲しがりますが、残念ながらその望みは叶いません。なぜなら、どちらか片方だけでは存在できないからです。 「ありのままの自分を愛してください」・・・ 自分の神聖さを愛するのと同じくらい、自分の人間らしさも愛して下さい。つまり、自分の不安定感や否定的感情をも愛するのです。もし人を許せなかったり、自分に愛がないと感じたら、それらの感情をも愛して下さい。「自分の不完全さ」と呼んでいる部分を、すべて愛して下さい。それらを否定したり、憎んだりすることで、それらを変えることはできません。逆に、それらを愛することによって、変えることができるのです。つまり、自分の否定的感情を愛するにつれて、それらは肯定的表現へと進化していくのです。 自分の強さだけでなく、弱さも愛して下さい。というのは、これらの領域は進化するために、あなたの愛を最も必要としているからです。自分の否定的感情を愛するとき、あなたの世界は拡大し、選択の幅が広がります。 ・自分を愛することは、今のありのままの自分を受け入れることです。 ・自分を愛することは、罪悪感を捨てることです。 ・自分を愛することのもう一つの特質は、許すということです。 そして、手放してください。 許し、手放すことによって、あなたの心は解放され、自由を獲得し、喜び、愛、平和を感じることができるでしょう。

回答者:熊山 達也
みんなの相談 質問者

人生。疲れました。どうした...

みんなの相談 質問者

人生。疲れました。どうしたら、よいのでしょうか。

熊山 達也

次のように自問してみて下さい。 「人生に疲れたとき、どんなことが私の頭に浮かんでいるだろうか?」と。 あなたの心の奥底にある隠された感情を探してみて下さい・・・ 「自分の感情を犠牲にしてまで、他人を喜ばせようとしていませんか?」 「誰かに苛立っていたり、腹を立てている時にも、優しさを装い、怒ってはいけないと感じて怒りを回避していませんか?」 「いつでも、誰とでもうまく付き合わなければならないと感じていませんか?」 「常に幸せを感じていなければならないという感情の完全主義的思考があり、否定的感情を怖れていませんか?」 自分の隠された感情を表出することによって、あなたが抱えている重荷を下ろすことができます。荷物を手放して休んで下さい。 人生で「やらなければならないこと」なんてありません。 人生とは「やりたいことをやって、なりたい自分になる」ものなのです。 ご参考になれば幸いです。

回答者:熊山 達也

現在65名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 

おすすめ記事

生き方、人生相談-質問と回答-11~20件目

みんなの相談 質問者
回答リクエスト失礼します。 bvboukenka_1965さん、助けてください(泣) 悩んでいたことが一度スッキリしても5時間くらい、最長でも2日経てば、また振り出しに戻ってしまいます。 スッ キリしたときには「絶対そうだ!これが答えだ!普通に考えてこれ以外ない!」と悩んでいた自分がバカバカしくなりますが、結局は振り出しに戻って「いや、これが答えだったのかもしれない」と落ち込みます。 落ち込んでスッキリして、また落ち込んでスッキリして…をもう1ヶ月も繰り返しています。 落ち込んだときは、自分の中で分析して頭で理解(メモ帳に分析してまとめたものを読む)⇒次に心で感覚を理解していますが、この作業でも結構ストレスが溜まります。 人と喋ったりペットと触れ合ったりしているときにスッキリしやすいです。 一方で、同じ『スッキリ』でも毎回感覚が微妙に変わっている事が不安です。 (「明るい赤だ」⇒「いや、前は明るい赤だと思っていたけど濃い赤だ」⇒「違う!薄い赤だったんだ」という風に。) まだ考えが続くのかもしれないですが、最終の考えが現実でしょうか。 それとも、毎回感覚が微妙にでも変わっているという事は、落ち込んでいる状態が現実でしょうか。 どれが現実なのかを知りたいです。 何度も振り出しに戻る原因についてなのですが、この件とは別に、以前から妄想癖を持っています。 この影響もあるのでしょうか。 妄想さえやめれば、どれが現実なのかもわかるのでしょうか。 (今まで気がついたら頭の中が妄想状態になることもありましたが、この件を境にやめたいと思い、最近は気付いたときに自分に歯止めをかけています。 そう簡単にはやめられませんが…。) そして今なのですが、昨日の夜から落ち込んでいて、このままではやりたいことができないから…と強引に無心になるように今日、過ごしました。 完全に無心になれたわけではなく、頭を過りながらモヤモヤしながら、この文章を書きながら考えてみると、むしろ落ち込んだ状態のままだったのかもしれません。 そのせいか、落ち込んでいる状態が現実で当然だという気持ちになりました。 余計にモヤモヤしている今からも脱したいです。 ダラダラと書いてしまってすみません。 お力を貸してください(泣)
熊山 達也
リクエストありがとうございます。 悩みに巻き込まれて苦しんでいるのですね・・・。 あなたは、自分の心に囚われてしまっているのだと思います。 心とは、気分・思考・想念・感情など何と呼んでも構いませんが、非実在の幻想です。空に例えるならば、来ては去っていき、現れては消えていく雲のようなものです。それゆえ気分は、あなたの言う通り、良くなったり悪くなったりを繰り返します。 気分は「本当の自分」ではありません。それは、あなたの想念が作り上げた「偽の自分」なのです。安心して下さい。 「では、気分に巻き込まれないためにはどうすればよいのでしょうか?」・・・ 落ち込んだ気分を感じた時は、その気分に対して「抵抗したり、分析したり、判断したり、評価したり、執着したり、依存したりしない!」ことです。その気分を、ただ単に目撃し、観照して下さい。放っておくのです。そうすることによって、気分は自然に消滅していきます。 「本当の自分」とは空です。空は、雲に全く影響されません。 空とは『純粋な意識』を意味します。『純粋な意識』が「本当のあなた」なのです。それゆえ、安心して下さい。 ご参考になれば幸いです。


回答者:熊山 達也

みんなの相談 質問者
熊山先生、リクエストさせていただきます。 今月も、もう3分の2が過ぎました。 ちょっと何かで遊んだり、作業している内に あっという間に1ヵ月が過ぎます。 夢ややりたいことがあるのに叶わず、 時間の流れが速すぎて年だけ取っていきます。 年を取っていく(死や老いに近づいていく)のが怖いです。 かといってどこか冷めている所があって 燃えるような行動力や情熱もなく結局何も出来ません。 陳腐な悩みですが、、どのように考えると良いでしょうか。
熊山 達也
リクエストありがとうございます。 私もあなたと同じように感じることがあります。 そして、私たち人間のほとんどは、そのように感じて生きていると思います。では、「私は死を恐れています!」と言っている「私」とは「誰なのでしょうか?」。 次のように自問してみて下さい・・・ 「年を取っていくのが怖いです!と誰が言っているのか?」 「結局何もできません!と誰が言っているのか?」と。 真の問題は、「誰」がそれを言っているのか? ということです。 それを言っているのは、人間の苦しみの根源である自我(エゴ)以外にはありません。そして、エゴは虚構、聖なる催眠です。エゴと自己同一化しないことです。「私」や「私のもの」といった想念(エゴ)を手放してみて下さい。 「本当のあなた」は純粋な意識です。意識が存在するすべてです。 幸せの本質とは、ただ単に在ることです。存在が幸せなのです。 時間が足りないのはあなたの身体であり、あなたではありません。時間と空間はマインドの中にのみあります。本当のあなたを理解して下さい。あなたは束縛されてはいない永遠の存在なのです。 死の始まりは、誕生とともに起こっています。誕生の時には、すでに10か月死んでいる、10か月分年を取っているのです。生まれたものは必ず死にます。生まれた時から死に向かって生きているのです。人生とは生と死で成り立っています。それゆえ、死がなければ誕生もありません。人間は何千年も生まれ続け、死に続けています。生まれたものは身体であり、身体の死は、数千年も起こり続けています。肝心なのは、あなたはその身体ではないということです。身体と本当の自分を同一化させないことです。 死は熟睡のようなものです。熟睡には平和があります。なぜなら、熟睡している時、エゴは存在していないからです。それゆえ、悩んでいるのはエゴであり、あなたではありません。 幸せとは、新しくつくり出したり、何かを加えて得られるものではありません。なぜなら、幸せとは、あなたの内面に存在する純粋な意識だからです。幸せとは、内面に意識を向け、誤った思考をひとつずつ捨て去っていくことで感じることができるものなのです。 ご参考になれば幸いです。


回答者:熊山 達也

みんなの相談 質問者
何の為に働いてるのか…という虚無感に襲われます 工場勤務です 毎日早く起き残業をし遅くに帰り寝る そんな毎日が続く中何の為なんだろう?となってしまいます 仕事内容も単純な為より一層思ってしまいます よくある3ヶ月目は辞めたくなる の類だとは思いますが乗り切り方を教えていただきたいです
熊山 達也
働くとは・・・? 『働くとは、自分を磨く最高のトレーニングです!』 あなたが今、着ている服は、誰がつくったのか? あなたが今、食べている魚は、誰がとってきたのか? あなたが毎日、使っているシャワーは、誰がとりつけたのか? 「働くとは、“ハタ”を“楽”にすること!」なのです。 働くとは、モノを積み上げることではなく、他者に奉仕することです。 蓄積ではなく、貢献なのです。 働くとは、行為者ではなく「行為」です。つまり、「働くという行為」そのものが報酬なのです。 働くとは、生きる糧を得るとともに、自分を磨く最高のトレーニングです。 トレーニングを楽しみながら、お金がもらえるなんて、こんな素晴らしい行為は他にはありません。 一生懸命に働くことによってしか、人間の心を磨くことはできません。 私たちの勇気を育て、人間として成長させてくれるものは、仕事をおいて他にはありません。仕事というものがなければ、人生は、ただ単に退屈なものになってしまいます。 南の島で美しい海を見ながらワインを飲む生活は、三日で飽きるでしょう。 仕事というものは、人間の社会の中に、ひとつの居場所を確保してくれます。 机上の知識は、畳水練と同じです。 経験に勝るものはありません。 人間は、「働く」という「行為」を通じて幸福になるのです。


回答者:熊山 達也

みんなの相談 質問者
人生の勝者ってどんな人ですか? 大成功した人でも短命だとそうじゃないような気がします
熊山 達也
大成功した人でも、常に成功し続けることはできません。 なぜなら、目に見えるこの世の中というものは、日々流転していきます。 すべての物事は同じ状態が続かず、何もかもが変化していきます。 これがこの世の中(二元性)の原則・真理・本質であり、自然の法則です。 それゆえ「本当の勝者」とは、「不安定を喜んで享受した者」だと思います。


回答者:熊山 達也

みんなの相談 質問者
好奇心がなく、物事に関心がない理由、またそういった場合の対処法を教えて下さい。 私は24歳の男性です。私は上記のような性格です。そんな私にも好きな物は一応あって、英語の翻訳がまあまあ好きなんですが、その英語によって語られている内容そのものには興味がないのです。ただ翻訳という作業その物、それをいかに正確に美しくこなせるかに価値を感じます。社会事象にも興味がありません。当然自分の意見などありません。全くの他人事に感じます。世の中の普通の人は一体どうやって世の中の出来事を自分のこととして受け止め、またそれを詳細に記憶し、他人と議論できるのか理解できません。なぜそこまで強い関心が持てるのか。 私は精神年齢が低いのでしょうか?アスペルガーなのでしょうか?(診断サイトではその可能性は低いと出ましたが)その他の発達障害なのでしょうか?スキゾイドパーソナリティ障害でしょうか?(自分ではこれが一番可能性が高いと感じます) 人間関係にも興味ゼロです。友人もいませんし、特定の異性を愛することもありません。会話はいつも私が聞き役になり、自分から振る話題はありません。他人が何を考えて生きているのか皆目見当もつきません。私に優しくしたいのか、騙そうとしているのか、本当に好きであれこれをするのか、それとも人目を気にするキョロ充にすぎないのか? ブッダのように樹下で瞑想して生きたいと思うこともあります。 文面からして私はどういう人間に映りますか?
小野塚玲子
ここは病院ではありません。 正確な判断は医師がすることです。 ネットの情報を鵜呑みにしてはいけません。 自分が他の人と明らかに違うなと感じているのであれば、精神科に受診なさって下さい。 一つの事だけ執着するというのは 多くの精神疾患でも症例としてあげられます。 何に対しても関心が無いというのは例えばですが、目の前にご両親がいて、怪我をなされて血を流して苦しんでいるのを見たら「かわいそうだ なんとかしなければ」と思いますか?それとも「怪我だ 救急車を呼ぼう」としか 思いませんか? 感情があれば、それは本人の性格だと思います。 感情がなければ 精神科に受診なさることをお勧めします。


回答者:小野塚玲子

みんなの相談 質問者
母は数回流産をしてあたしを産み、その3年後に弟を産みました。あたしは生まれつき心臓に疾患があり手術を小1でしましたが運動部にも入り仕事も普通にしています。ただ、年1で定期検診、体は昔から食べても太りにく い体質で痩せ型です。弟は特に問題はなく同じ運動部にも入り立派に社会人になり働いています。ただ風邪をひき熱を上げやすく体調を崩すことが多いです。 父方の祖母は小さい頃に両親を亡くし学校にも行けず苦労してきた人なので、なかなかその苦労を言葉で聞いただけではわたしたちは全部を分かってあげられないのですが、やはりそのような人なので昔から母にも当たりが厳しめです。祖母は、母がなかなか授からず流産を繰り返したことと、わたしたち孫があまり身体が丈夫でないことを関連づけて話すのですごく複雑な気持ちで聞いてしまいます。母のせいだというニュアンスで。あまり気にせず聞き流すくらいがちょうどいいと思いますが、30代前半の独身子なしのわたしは結婚や出産が可能なのかの先々の不安も合わさって、まともにこれらを聞いているとメンタルにドシーンときます。祖母も去年息子に先立たれてしまい悲しみに暮れ、だいぶ弱ってきましたが、それでも80歳後半にしては体が元気な方です。家族苦労してきたぶん祖母にはひ孫、母には孫を見せてあげたいところですが、先のことは自分でも分かりませんね(._.)質問と言うより愚痴みたいになってしまいましたが、少し前向きになれる考え方、生き方のアドバイスがあれば教えていただきたいです。
小野塚玲子
これは 昔からある問題ですね。 昔は 子供が産めない嫁は うまずめ と呼ばれて 離縁されても仕方ない状態でした。 あまり、祖母や母に対してかわいそうだなと思わないで下さい。そういう時代だったのです。 又、遺伝子的にも 身体が弱い遺伝子が受け継がれていると思われますので、そういう場合は、全く田舎や実家と遠い所の人と結婚したらいいと思います。 これは 例えば従兄弟などと結婚した場合、同じ遺伝子が流れているので身体が弱い遺伝子が強く反映されます。 外国人と結婚した子供が ものすごく美人だったりハンサムだったりスタイルが良かったりするのは 全く違う遺伝子を取り込むので優性遺伝子だけが選ばれるからです。つまり、父と母の優れている部分だけを子供に受け継がせる遺伝子です。 外国人と出会うのは難しいでしょうが、質問者さんが北海道に住んでいれば沖縄の人とか。距離が離れていれば離れているほど遺伝子に似通った部分はなく、優性遺伝子が残されます。何もご心配なさらずに結婚相談所に登録して距離の離れている人を選んでみてはいかがでしょうか?


回答者:小野塚玲子

みんなの相談 質問者
短気な性格はどうしたら改善できますか?
熊山 達也
短気の最終的結末を認知することです。 次のように自問してみて下さい・・・ 「私は、短気であることによって、最終的にどのような気分を味わうだろうか?」 「短気であることは、私にとってどのようなメリットがあるだろうか? また、どのようなデメリットがあるだろうか?」 メリット・デメリット両方の答えを具体的に細かく書き出して下さい。 そして、メリット・デメリット両方を把握して上で、自分にとって合理的な思考とはどのようなものかを具体的に書き出してください。


回答者:熊山 達也

みんなの相談 質問者
わたしは哲学的?な事を考えるのが止められません。軸がそこにあるような感じで、それを蔑ろにする行為に思えると心が進みません。家族や大人に相談しますが、解決しません。それが、ある意味正しいのかもしれないと 思います。しかし、このような状態では、やらなければいけないことに全く手が回りません。それどころじゃないと、体が拒否反応を起こしているような感じです。キャンセルをすれば大きな迷惑が相手にかかってしまうような仕事がどんどんのしかかってきて、このままズルズルと引き受けてしまうのも良くないと思います。きっとその課題をやり遂げれば得られることも大いにあるのだろうと思いますが、今までにもその繰り返しでもうやめたくなりました。 心が通う人もなかなかいません。もしいるのなら共倒れするようにも思います。 生きる意味も分からないので、そうすると色んな意味が分からなくなっていきます。 今すぐに死ねないのなら、用無しでも絶望しつつも、生きていかないといけないのでしょうか。 前向きに生きられる理由や、また、そうしていく意味などを教えて下さい。
熊山 達也
私たち生命の使命とは・・・ 「生きる意味」を問うことではなく、起こることに対して、「行為者」ではなく、 ただ単に「行為」をすることである。 「私」という自我(エゴ)が消滅すれば、「純粋な意識」が機能するだけである。 そこには「行為者」は存在せず、起こることに対しての「行為」が為されるだけです。 それゆえ、起こることに対して、ただ単に「行為」をすることによって、 「純粋な意識」が明るみに出てきます。 「行為者」の不在とは、結果の不在を意味します。 なぜなら、人間の苦しみの根源である「エゴ」に巻き込まれないからです。 「エゴ」の死とは、まさに、平和、愛、至福を意味します。


回答者:熊山 達也

みんなの相談 質問者
突然なのですが、自分には長所が見つけることができません。短所ばかりみつけてしまいます。よく、短所は長所にもなると聞きますが自分はそうは思えません。自分は自分の汚い考え方等が大嫌いです。そして、わかって いてもそうしてしまう自分のことも大嫌いです。何度か友達に自分のことを優しい人だ。良い人だ。周りに気配りができる人だ。などと言われたことがあります。仮に周りにそう見えていたとしても、自分のする優しさや気配りというのは本当に誰かのためになりたい!とか助けてあげたい!とかそういう自然にでる綺麗なものではなく、そうやって誰かに優しくするふりをして、そうしている自分を他人に見て欲しい、評価してほしいという考えが常にあります。要するに自然な優しさや気配りではなく、誰かの顔色や自分への評価をあげることしか考えていません。そして、そういう考え方の自分が大嫌いでたまりません。自分を守ってしまう自分が大嫌いです。 こんな自分はどうすればいいのでしょうか? 長文ですみません。
熊山 達也
自分を責めるのはやめましょう。なぜなら、自分を責めても何も解決にはなりませんし、あなたの人生に豊かさをもたらさないからです。 この世界は、すべて二元性で成り立っています。 人間の長所と短所、肯定的感情と否定的感情、ポジティブとネガティブなどは、 どれも表裏一体で、二つで一つであるという真実を理解することです。 もし、短所しか存在しないのであれば、短所という感覚や言葉も存在しません。 それゆえ、あなたの短所の裏には、常に長所が隠されているのです。 私たち人間は皆、常にどちらか片方だけを欲しがりますが、残念ながらその望みは叶いません。なぜなら、どちらか片方だけでは存在できないからです。 「ありのままの自分を愛してください」・・・ 自分の神聖さを愛するのと同じくらい、自分の人間らしさも愛して下さい。つまり、自分の不安定感や否定的感情をも愛するのです。もし人を許せなかったり、自分に愛がないと感じたら、それらの感情をも愛して下さい。「自分の不完全さ」と呼んでいる部分を、すべて愛して下さい。それらを否定したり、憎んだりすることで、それらを変えることはできません。逆に、それらを愛することによって、変えることができるのです。つまり、自分の否定的感情を愛するにつれて、それらは肯定的表現へと進化していくのです。 自分の強さだけでなく、弱さも愛して下さい。というのは、これらの領域は進化するために、あなたの愛を最も必要としているからです。自分の否定的感情を愛するとき、あなたの世界は拡大し、選択の幅が広がります。 ・自分を愛することは、今のありのままの自分を受け入れることです。 ・自分を愛することは、罪悪感を捨てることです。 ・自分を愛することのもう一つの特質は、許すということです。 そして、手放してください。 許し、手放すことによって、あなたの心は解放され、自由を獲得し、喜び、愛、平和を感じることができるでしょう。


回答者:熊山 達也

みんなの相談 質問者
人生。疲れました。どうしたら、よいのでしょうか。
熊山 達也
次のように自問してみて下さい。 「人生に疲れたとき、どんなことが私の頭に浮かんでいるだろうか?」と。 あなたの心の奥底にある隠された感情を探してみて下さい・・・ 「自分の感情を犠牲にしてまで、他人を喜ばせようとしていませんか?」 「誰かに苛立っていたり、腹を立てている時にも、優しさを装い、怒ってはいけないと感じて怒りを回避していませんか?」 「いつでも、誰とでもうまく付き合わなければならないと感じていませんか?」 「常に幸せを感じていなければならないという感情の完全主義的思考があり、否定的感情を怖れていませんか?」 自分の隠された感情を表出することによって、あなたが抱えている重荷を下ろすことができます。荷物を手放して休んで下さい。 人生で「やらなければならないこと」なんてありません。 人生とは「やりたいことをやって、なりたい自分になる」ものなのです。 ご参考になれば幸いです。


回答者:熊山 達也