生理-質問と回答-1~3件目 | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景

生理-質問と回答-1~3件目

みんなの相談 質問者

ひどい生理痛と生理時の発熱...

みんなの相談 質問者

ひどい生理痛と生理時の発熱について。 アラフォーです。 今回、生理2週間前から軽い腰痛がありました。 生理1日目に非常にひどい腹痛と腰痛があり、鎮痛剤を飲み、 横にならないと過ごせないほどでした。 また、通常は生理が来ると体温が下がるのに、 今回は微熱がありました(風邪などの症状はありません)。 普段も生理痛はありますが、鎮痛剤を飲むほどではありません。 ただ、出産前の生理時は、毎回冷や汗をかくほどの生理痛があり、 吐き気や腹痛、腰痛で仕事にも支障をきたすので、生理1~2日目は欠勤したり、 早退することが多かったです。 出産後の生理ではそうしたひどい生理痛はおさまってきていたのに、 今回の生理痛は、出産前の生理時のように非常にひどいものでした。 子宮系のトラブル等はこれまで診断されたことはないです。 年齢とともに生理痛も緩和されると聞きますが・・・。 こうした症状は何が原因と考えられるでしょうか。 受診するとしたら産婦人科に行けばよいでしょうか?? 同じような症状の方、もし、いらっしゃいましたら 教えていただけますでしょうか。

桜庭未来

身体に冷えはないでしょうか? 下半身が冷えているのかもしれません。 お風呂に浸かったり 仙骨を温めたりも効果的かなと思います。

回答者:桜庭未来
みんなの相談 質問者

私は、46歳になりますが、...

みんなの相談 質問者

私は、46歳になりますが、生理不順で悩んでいます。前月の11日から18日まで生理になったけども、量が多いほどでも無く、一端は止まったのに、19日から小量の赤い出血がおりもの混じりで出てきて 、それも22日の夜に止り、朝も出血してなかったからやっと終わったと思いきや、お昼頃からまた小量の赤い出血がおりもの混じりで出てきて、それもまた夜に止り、次の日の朝から止まっていたのに夜になり、また小量の赤い出血がおりもの混じりで出てきて、次の日病院に行き、見てもらったら、(行き付けの大学病院です)出血は、子宮から出ているから大丈夫と、中間出血でしょうと、筋腫もポリープも腟の炎症も無いから、様子見るで大丈夫ですよと言われました。卵巣が少し腫れているけど前回と変わらないから様子見るで大丈夫でしょうと、言われました。27日当りから、あれ?生理かな?みたいな出血が続き、30日には、出血も少なくなり、これで終わるのかな?と思いきや、1日の月曜日当りからまた生理かな?みたいな出血で、ナプキンにもつくのだけどもらベットリでは無く、変えなくても大丈夫な感じの量で、でも、トイレいくと、赤い出血がたれていて、ティシュでふくと、あれ?生理かな?見たいな感じなのです。ガン検診は、去年の4月に受けているので、先生は、今年も4月で大丈夫ですよと言われました。これって生理ですか?こんなのはじめてで不安が消せません。同じ経験している方いますか?

藤本 みゆき

ss12162さん はじめまして。 カウンセラーの藤本です。 私の場合は、おりもの混じりの出血ではありませんが、 生理は少量だったり、途中で止まったり、また始まったりと、 今までのとは少し違ってきています。 ただ、私の場合は、子宮筋腫もあり、がん検診も引っかかってしまったので、 少し違うかもしれません。 ss12162さんの場合は、私も「中間出血かな?」と自分の経験から思いました。 ただ、今までのような感じではない生理でご心配のようなら、 ここにご質問された内容を、その後のお話とともに、先生にお伝えしてみてはいかがでしょうか。 ストレスからも生理不順になったり、冷えやダイエットや不規則な生活からも 生理が乱れたり今までと違うようになったりすることもありますので、 お早めに病院の先生とお話されることをお勧めします。 ちなみに、婦人体温計で基礎体温を測って、表を持っていくと 先生の方でも何かのヒントになるかもしれませんので、オススメです。 お大事になさってくださいね。

回答者:藤本 みゆき
みんなの相談 質問者

緊張状態での震えについて質...

みんなの相談 質問者

緊張状態での震えについて質問があります 日常会話や業務連絡だと友人や上司と何も問題なく話せるのですが プレゼンなど大勢の前に立つと、緊張で手や足が震えてしまいます。 また、その震えのせいでプレゼン中のPCなどの操作も失敗してしまいます。 お酒などを少しだけ飲みリラックスした状態でも、心は落ち着いているはずなのに体は震えてしまいます。 さらにリラックスしてたはずが自分の震えを見て、すぐ緊張状態になり、より震えてしまいます。 プレゼンは慣れで緊張状態の震えを克服できると聞いたのですが、 今のところ失敗続きでプレゼンをやればやるほど自分に自信がなくなり、震えが大きくなってしまいます。 そこで、質問なのですが、緊張状態の手足の震えを止める薬はありますか? また、あれば病院のどの科を受診すれば、処方して貰えるかを教えてください。 よろしくお願いします。

熊山 達也

はじめまして。カウンセラーの熊山と申します。 薬ではありませんが、ご参考になれば幸いです。 不安や緊張は誰もがもっている自然な感情の一つで、悪い感情ではないということを理解して下さい。緊張を感じない人は、この世の中に誰もいません。ですから、 みんな一緒です。安心して下さい。 人間は、ストレスや脅威に感じる状況に直面すると、自動的に生理学的な反応を起こします。この反応は自分の身を守り、ストレスの原因から逃げるための原始的な反応です。これを「闘争・逃走反応」と呼びます。これにより、体は脅威に対応して激しい運動をするための準備をします。そのため、この自動的な反応は、実際に激しい運動をすればすべて消えてしまいます。しかし人間は、いくらストレスにさらされたからといって、突然その場で走ったり体を動かしたりすることができない場合が多いのです。だからこれらの自動的な反応を収めることができにくいのです。 アドバイスとしては・・・、 ①緊張による震えや動悸などに効果があるのは、認知行動療法の「呼吸コントロール法」、「自律訓練法」、「筋緊張トレーニング法」などがあります。これらは、その場で動かずに行えるので、他人からは一見何もしていないように見えるので、外出中の人がいる場面でも行えます。 ②人前で話をするときは、ある程度のエネルギーを消費してから行く。 これは効果があると思います。ランニングでも筋トレでも何でも構いません。 ストレスや脅威に感じる状況に直面する前に、エネルギーを消費してしまえば、緊張する時に使う自動的反応は軽減されます。よく、少し疲れているけれども、心地よい感じを味わったことがありますよね? 多少疲れているほうが、肩に力が入らずに、リラックスした状態で物事を行うことができます。 ③緊張した時は、「姿勢をよくして、肩の力を抜き、ゆっくりと深呼吸して下さい」。これも効果があります。 ④ストレスを感じるのは、未来へ向かうのに忙しすぎて、「いま」の価値が、ゴールに到達するまでの手段になっているからです。 ストレスは、「現在」にいながら、「未来」にいたいと思うことで生まれます。 このようになると、私たちの内面は、真二つに分裂してしまい、不安や恐怖を生じさせます。結果に執着するのはやめて、手放してください。 激しいストレスがかかった時は、立ち止まって、自分が今、もっているよいものを眺め、それに対して感謝して下さい。感謝は感情を癒します。 ⑤最後に・・・ 私も若いころ、あなたのような症状になった時期がありました。緊張して、首に力が入り、ドキドキして、人の視線が気になる状態です。 私に一番効果があったのは、「ヨガ」です。「ヨガ」ですべてが完治できただけではなく、さらに「挑戦と成長」を楽しめるようになりました。 なぜ、「ヨガ」が効果がるかというと・・・、①で説明しました、「呼吸コントロール法」、「自律訓練法」、「筋緊張トレーニング法」などの要素が、すべて含まれているからです。というより、認知行動療法のこれらのトレーニングはすべて、何千年もの歴史がある「ヨガ」から導入されたものなのです。そして「ヨガ」は、心を浄化し、過去と未来から私たちを解放し、「いま、この瞬間」に集中できるようしてくれます。

回答者:熊山 達也

現在64名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 

おすすめ記事

生理-質問と回答-1~3件目

みんなの相談 質問者
ひどい生理痛と生理時の発熱について。 アラフォーです。 今回、生理2週間前から軽い腰痛がありました。 生理1日目に非常にひどい腹痛と腰痛があり、鎮痛剤を飲み、 横にならないと過ごせないほどでした。 また、通常は生理が来ると体温が下がるのに、 今回は微熱がありました(風邪などの症状はありません)。 普段も生理痛はありますが、鎮痛剤を飲むほどではありません。 ただ、出産前の生理時は、毎回冷や汗をかくほどの生理痛があり、 吐き気や腹痛、腰痛で仕事にも支障をきたすので、生理1~2日目は欠勤したり、 早退することが多かったです。 出産後の生理ではそうしたひどい生理痛はおさまってきていたのに、 今回の生理痛は、出産前の生理時のように非常にひどいものでした。 子宮系のトラブル等はこれまで診断されたことはないです。 年齢とともに生理痛も緩和されると聞きますが・・・。 こうした症状は何が原因と考えられるでしょうか。 受診するとしたら産婦人科に行けばよいでしょうか?? 同じような症状の方、もし、いらっしゃいましたら 教えていただけますでしょうか。
桜庭未来
身体に冷えはないでしょうか? 下半身が冷えているのかもしれません。 お風呂に浸かったり 仙骨を温めたりも効果的かなと思います。


回答者:桜庭未来

みんなの相談 質問者
私は、46歳になりますが、生理不順で悩んでいます。前月の11日から18日まで生理になったけども、量が多いほどでも無く、一端は止まったのに、19日から小量の赤い出血がおりもの混じりで出てきて 、それも22日の夜に止り、朝も出血してなかったからやっと終わったと思いきや、お昼頃からまた小量の赤い出血がおりもの混じりで出てきて、それもまた夜に止り、次の日の朝から止まっていたのに夜になり、また小量の赤い出血がおりもの混じりで出てきて、次の日病院に行き、見てもらったら、(行き付けの大学病院です)出血は、子宮から出ているから大丈夫と、中間出血でしょうと、筋腫もポリープも腟の炎症も無いから、様子見るで大丈夫ですよと言われました。卵巣が少し腫れているけど前回と変わらないから様子見るで大丈夫でしょうと、言われました。27日当りから、あれ?生理かな?みたいな出血が続き、30日には、出血も少なくなり、これで終わるのかな?と思いきや、1日の月曜日当りからまた生理かな?みたいな出血で、ナプキンにもつくのだけどもらベットリでは無く、変えなくても大丈夫な感じの量で、でも、トイレいくと、赤い出血がたれていて、ティシュでふくと、あれ?生理かな?見たいな感じなのです。ガン検診は、去年の4月に受けているので、先生は、今年も4月で大丈夫ですよと言われました。これって生理ですか?こんなのはじめてで不安が消せません。同じ経験している方いますか?
藤本 みゆき
ss12162さん はじめまして。 カウンセラーの藤本です。 私の場合は、おりもの混じりの出血ではありませんが、 生理は少量だったり、途中で止まったり、また始まったりと、 今までのとは少し違ってきています。 ただ、私の場合は、子宮筋腫もあり、がん検診も引っかかってしまったので、 少し違うかもしれません。 ss12162さんの場合は、私も「中間出血かな?」と自分の経験から思いました。 ただ、今までのような感じではない生理でご心配のようなら、 ここにご質問された内容を、その後のお話とともに、先生にお伝えしてみてはいかがでしょうか。 ストレスからも生理不順になったり、冷えやダイエットや不規則な生活からも 生理が乱れたり今までと違うようになったりすることもありますので、 お早めに病院の先生とお話されることをお勧めします。 ちなみに、婦人体温計で基礎体温を測って、表を持っていくと 先生の方でも何かのヒントになるかもしれませんので、オススメです。 お大事になさってくださいね。


回答者:藤本 みゆき

みんなの相談 質問者
緊張状態での震えについて質問があります 日常会話や業務連絡だと友人や上司と何も問題なく話せるのですが プレゼンなど大勢の前に立つと、緊張で手や足が震えてしまいます。 また、その震えのせいでプレゼン中のPCなどの操作も失敗してしまいます。 お酒などを少しだけ飲みリラックスした状態でも、心は落ち着いているはずなのに体は震えてしまいます。 さらにリラックスしてたはずが自分の震えを見て、すぐ緊張状態になり、より震えてしまいます。 プレゼンは慣れで緊張状態の震えを克服できると聞いたのですが、 今のところ失敗続きでプレゼンをやればやるほど自分に自信がなくなり、震えが大きくなってしまいます。 そこで、質問なのですが、緊張状態の手足の震えを止める薬はありますか? また、あれば病院のどの科を受診すれば、処方して貰えるかを教えてください。 よろしくお願いします。
熊山 達也
はじめまして。カウンセラーの熊山と申します。 薬ではありませんが、ご参考になれば幸いです。 不安や緊張は誰もがもっている自然な感情の一つで、悪い感情ではないということを理解して下さい。緊張を感じない人は、この世の中に誰もいません。ですから、 みんな一緒です。安心して下さい。 人間は、ストレスや脅威に感じる状況に直面すると、自動的に生理学的な反応を起こします。この反応は自分の身を守り、ストレスの原因から逃げるための原始的な反応です。これを「闘争・逃走反応」と呼びます。これにより、体は脅威に対応して激しい運動をするための準備をします。そのため、この自動的な反応は、実際に激しい運動をすればすべて消えてしまいます。しかし人間は、いくらストレスにさらされたからといって、突然その場で走ったり体を動かしたりすることができない場合が多いのです。だからこれらの自動的な反応を収めることができにくいのです。 アドバイスとしては・・・、 ①緊張による震えや動悸などに効果があるのは、認知行動療法の「呼吸コントロール法」、「自律訓練法」、「筋緊張トレーニング法」などがあります。これらは、その場で動かずに行えるので、他人からは一見何もしていないように見えるので、外出中の人がいる場面でも行えます。 ②人前で話をするときは、ある程度のエネルギーを消費してから行く。 これは効果があると思います。ランニングでも筋トレでも何でも構いません。 ストレスや脅威に感じる状況に直面する前に、エネルギーを消費してしまえば、緊張する時に使う自動的反応は軽減されます。よく、少し疲れているけれども、心地よい感じを味わったことがありますよね? 多少疲れているほうが、肩に力が入らずに、リラックスした状態で物事を行うことができます。 ③緊張した時は、「姿勢をよくして、肩の力を抜き、ゆっくりと深呼吸して下さい」。これも効果があります。 ④ストレスを感じるのは、未来へ向かうのに忙しすぎて、「いま」の価値が、ゴールに到達するまでの手段になっているからです。 ストレスは、「現在」にいながら、「未来」にいたいと思うことで生まれます。 このようになると、私たちの内面は、真二つに分裂してしまい、不安や恐怖を生じさせます。結果に執着するのはやめて、手放してください。 激しいストレスがかかった時は、立ち止まって、自分が今、もっているよいものを眺め、それに対して感謝して下さい。感謝は感情を癒します。 ⑤最後に・・・ 私も若いころ、あなたのような症状になった時期がありました。緊張して、首に力が入り、ドキドキして、人の視線が気になる状態です。 私に一番効果があったのは、「ヨガ」です。「ヨガ」ですべてが完治できただけではなく、さらに「挑戦と成長」を楽しめるようになりました。 なぜ、「ヨガ」が効果がるかというと・・・、①で説明しました、「呼吸コントロール法」、「自律訓練法」、「筋緊張トレーニング法」などの要素が、すべて含まれているからです。というより、認知行動療法のこれらのトレーニングはすべて、何千年もの歴史がある「ヨガ」から導入されたものなのです。そして「ヨガ」は、心を浄化し、過去と未来から私たちを解放し、「いま、この瞬間」に集中できるようしてくれます。


回答者:熊山 達也