耳の病気-質問と回答-1~4件目 | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景

耳の病気-質問と回答-1~4件目

みんなの相談 質問者

たびたびすみません。 ラ...

みんなの相談 質問者

たびたびすみません。 ライブ後の耳鳴りもちになり、やはり音響外傷みたいですが、毎日ヘッドセット使うので聴力低下が怖くて仕方ないです。 仕事どうしたらいいのかやめるべきですが 次が見 つからないうちにやめられなくて。 アレルギーも悪化しないか怖くて頭がおかしくなりそうです。どうしたら安心できますか?

田辺寿夫

こんばんは。 不安感が強くなって、過敏症が悪化しているように感じますね。 音響外傷から耳が聞こえなくなるということは無いと思います。 アレルギーも悪化していると感じて強い不安と恐怖を感じている。 どんな病気も症状も、心と身体からのシグナルなんです。 根本の原因となっている自分を窮屈にしてしまっている考え方や性格を、自分で、しっかり、見直して、自己啓発していけば、治まってくるものです。 辛い症状ばかりに捕らわれてしまえば悪循環で本来の問題も忘れてしまいます。 なんで、そうなったのか? 自分の中の窮屈な原因はなんなのか? じっくり自分の内側と話し合ってみてください。 カウンセリングが必要なら、下記サイトよりご連絡ください。 心配しております。

回答者:田辺寿夫
みんなの相談 質問者

以前、お世話になった者です...

みんなの相談 質問者

以前、お世話になった者です。 すみません。お訊きしたいことがありまして。先生は若い頃にバンドで耳鳴りを発症されてますが、直後にイヤフォンやヘッドフォンで音楽は聴いてましたか? それ とも、しばらくしてから使われたのでしょうか? わたしは、ライブ後に会話域よりも高い音域で聴力低下にて耳鳴り持ちになり、脳過敏と診断され、医者に音楽聴いて脳をならすこと、しかし、過敏に影響あるから、映画館やカラオケは過敏、つまりは耳鳴りが消えるまではいかない方が良いといわれまして。 耳鳴りもちあとでもすぐに、毎日、仕事でヘッドセットを使っており、転職は来年までは動けずで、毎日聴力低下しないかと将来を心配してまいっています。 また、映画館やカラオケにいけず、悲しくてたまりません。 何よりも安心感をえられないので何をしても楽しめません。 毎日、電車、休憩室の機械音をきいているし、この生活を続ければ、将来の難聴が心配です。いまの仕事は好きなので、毎日怯えながら仕事してるのも、悲しいです。 聴力低下を気にせずに、病気もそうですが、その時に対処すればいいと、構えられたら楽になるんですが。 また小説を書くのが好きなのですが、音楽でイメージをしてるので、耳がこれだとやはり、なかなか楽しめません。 どうしたら、自分は大丈夫。なにかあっても大丈夫と思えるんでしょうか。 最近は自棄になり、八つ当たりしそうになります。

田辺寿夫

こんにちは。 過敏症による耳鳴りは、なかなか消えないものです。 バンドをやっていたときの耳鳴りは気にしていなかったので、 直後にもイヤホンで音楽聞いていました。 翌日も耳鳴りしていたりしましたが、気にしませんでした。 数年後にパニック障害を患い、いろんな神経が過敏になってしまい、耳鳴りも起こったため、念のため聴力検査を受けても異常は無かったです。 それから21年、ずーっと耳鳴りはしたままですが、 映画もカラオケも楽しんでいます。 耳鳴りが気にならないときもあります。 予期不安が起こってしまっているなら、内科でも抗不安薬は処方してくれますから、我慢せずに服用したほうが安心できますよ。 やりたいことや好きなことを我慢していると悪化してしまうものだと僕は思っています。 自分の気持ちを大事にして、やりたいことや好きなことをやったほうがいいですよ。 過敏症による耳鳴りがあって大きな音を聞いたからと言って、 難聴になることはないです。 楽しい時間を作って気持ちを楽にしていけば大丈夫という気持ちも出て行きますよ。

回答者:田辺寿夫
みんなの相談 質問者

最近耳鳴りがひどいです。高...

みんなの相談 質問者

最近耳鳴りがひどいです。高2女子です たまにあるのですが、寝る前に突然耳鳴りがしはじめ、しかもその耳鳴りの音がだんだん大きくなります。この前は耳が耐え切れないほど大きな音になって、 最終的に破裂音がして、やっと耳鳴りが終わった、ということがありました。 また、昨日のことですが、母が私を呼ぶ声が耳元でずっとしていました。(幻聴です) これは何かの病気でしょうか? 最近ストレスがたまっていて、そのせいだと言われることもあるのですが、ほっておいても大丈夫でしょうか?

田辺寿夫

耳鳴りが、だんだん大きくなるんですね。最後に破裂音で終わる。 よくある耳鳴りとは違いますね。 お母さんの呼ぶ声は静かでしたか?せかすような呼び方でしたか? 静かな呼び声であれば、お母さんに話したいことを話せていないのかもしれませんね。 せかすような声で呼ばれていたのであれば、お母さんの厳しさが辛く感じているのかもしれません。 精神的疲労が溜まっていて脳が危険であることを知らせてくれていることは確かだと思います。 いまの教育は競争を強いるものが多く、学校の友達も敵と思えてしまうほど、 気持ちの休まらない窮屈な状態の中で頑張り続けなければならない。 真面目で頑張り屋さんほど、精神的疲労は溜まりやすくなってしまいます。 精神的疲労からくる不調は対人関係が影響していることが多いです。 子供のころから「早くしなさい!」とか「何でできないの!」などと 厳しい指導をされてしまうと、ヒステリックになりやすく、 精神的にも過敏になりやすくなってしまいます。 戦いのイメージが多くなり、勝つか負けるかの意識が強くなっていきます。 7歳くらいまでは自分の親から、それから先生や友達の親など外の大人たちから 影響を受けて、指導の受け方、指導の仕方を学び、 13歳くらいまでに一応自立した自分を作り上げます。 それから難問にぶつかるごとに、自分の対応を改善していきます。 子供のころの周囲の指導者と自分の関係はいかがでしたか? 頑張りすぎることがクセになっていませんか? http://www.egogram-f.jp/seikaku/sin-d.htm ↑エゴグラムという自己分析です。 分析よりも気になる質問を書き出すことが重要です。 質問の中で、直したいと思う項目を書き出してみてください。 (実際のエゴグラムの質問を例にして説明すると) 会話で感情的になることは少ないですか?という項目に、 現状の答えは、はいだけど、いいえと答えられるように成りたい。 というように、回答に悩む項目を書き出していきます。 書き出した項目を読んでいると、どんなことに気をつければいいか、 明確な目標が見えてきます。 明確な目標を紙に書いて、毎日読み上げていると、効果は大きくでます。 数ヵ月後にまたエゴグラム分析をすると、結果が変わっていて、 自分の変化に気づけます。 無理せずに続けられる自己啓発の方法ですので、 ゆっくり、じっくり、やってみてください。 嫌なイメージが頭から離れないときは、イメージの中で電車に乗って 景色を眺めるようにそのイメージを見てみます。 電車が通り過ぎれば景色は変わりますから 自分の好きな景色を描いて、そこに降りましょう。 後方に嫌なイメージが残っていても、そのうち消えちゃいます。 自分は一番の自分の味方でいてあげてください。 頑張り過ぎないようにしてくださいね。

回答者:田辺寿夫
みんなの相談 質問者

理屈で詰めで進む一人ディベ...

みんなの相談 質問者

理屈で詰めで進む一人ディベートをしてしまう癖が最近酷くなってきて辛いです。何かの病気でしょうか? 真面目な質問です。 今年高校を卒業したのですが、 高1の頃は、読書中に『ここの格助詞は「が」より「で」の方が適切なのではないか?そもそも「が」を用いるのは間違いではないのか』等と妙に日本語の書き方に拘っていました。 (今でも文法を少し見ながら読書などをしてしまいます。肝心なのはそこではないと分かってはいるのですが。中学生の頃はただ話に没頭出来ていました) そして、高2の頃から物事の細かなことなどを理屈で追求するようになりました。 といっても、その理屈詰めで考えたところで実際に役立ったと思ったことはありません。内容もくだらないことが多いです。数学も解き方でなく公式を考えてしまいます。成績悪いです。 しかし、役立つ役立たないは関係なしに感情論だと納得がいかないし、モヤモヤするから論理を追求する理屈で考えてしまうのです。 高3の頃は、少なくとも、1週間に1回は もしこういう口論が起きたら、どのような理由で非はどちらにあるのか?等ということ主として考え、一人では分からないことが多く、ここで前まで利用していたIDの方から質問していました。 そもそも何故、何がきっかけでそのような事を考えるのかというと… 動画サイト上のコメントでの主張や口論を見たり、現実世界で知人と話して訳の分からない主張をされたとき、他人の会話(喧嘩腰)を耳に挟んだときに、「今の場合なら、こうこうこういう理由でこっちが悪いんじゃないかな」ということを考えてしまうのです。 そして、そこから勝手に僕一人でその相手をイメージし(相手をイメージしないで自分の中で自問自答することもあります)、その相手と議論のシミュレーションをしてしまうのです。 そしてその議論は中々収束しません。 議論内容を挙げますね。 これは今日のことでした。 どうしてこんなに辛いのに何でも論理で追求したくなるのだろうと思い考えたことがきっかけで始まった一人議論です。 「感情論より論理を重視するのは何故?論理的に説明してくれ」 『感情というのは個人の都合や欲求などが入り混じってくる。それに対して論理は、一人の都合で動くことはなく合理的だから。全てが感情で話が進んでしまえば皆私利私欲に走り、秩序はなくなるのに対して論理は、秩序を作るから』…など 他には、未だ自分の中で結論が出ないものを挙げると…

飯野哲夫

おめでとうございます。 哲学者の道を歩みだしているようですね。 あるいは、言語学者でしょうか? 対人能力バッチリのようですから、大丈夫です。 「どうしてこんなに辛いのに何でも論理で追求したくなるのだろう」 その辛さ、楽しさと両立しているのではありませんか? 議論好きな人が集まる場所を探したり、参加したりすれば、質問者様がスゴイのか、普通なのか、駆け出しレベルなのかわかるのでは? 一人でディベートしているから不安に感じるのだと思います。 一人でする段階は過ぎて、次のステップへ進めというサインかもしれませんね。 そうすると、結論の出ないものにあっさり答えが出たり、あるいは新しい問いを得て苦しんだり( 楽しんだり )するかもしれません。 さて、一般的に相反するとされる感情は、両立するのだろうか? こんなのは面白い問いでしょうか? それともつまらない問いでしょうか? ありがとうございました。

回答者:飯野哲夫

現在64名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 

おすすめ記事

耳の病気-質問と回答-1~4件目

みんなの相談 質問者
たびたびすみません。 ライブ後の耳鳴りもちになり、やはり音響外傷みたいですが、毎日ヘッドセット使うので聴力低下が怖くて仕方ないです。 仕事どうしたらいいのかやめるべきですが 次が見 つからないうちにやめられなくて。 アレルギーも悪化しないか怖くて頭がおかしくなりそうです。どうしたら安心できますか?
田辺寿夫
こんばんは。 不安感が強くなって、過敏症が悪化しているように感じますね。 音響外傷から耳が聞こえなくなるということは無いと思います。 アレルギーも悪化していると感じて強い不安と恐怖を感じている。 どんな病気も症状も、心と身体からのシグナルなんです。 根本の原因となっている自分を窮屈にしてしまっている考え方や性格を、自分で、しっかり、見直して、自己啓発していけば、治まってくるものです。 辛い症状ばかりに捕らわれてしまえば悪循環で本来の問題も忘れてしまいます。 なんで、そうなったのか? 自分の中の窮屈な原因はなんなのか? じっくり自分の内側と話し合ってみてください。 カウンセリングが必要なら、下記サイトよりご連絡ください。 心配しております。


回答者:田辺寿夫

みんなの相談 質問者
以前、お世話になった者です。 すみません。お訊きしたいことがありまして。先生は若い頃にバンドで耳鳴りを発症されてますが、直後にイヤフォンやヘッドフォンで音楽は聴いてましたか? それ とも、しばらくしてから使われたのでしょうか? わたしは、ライブ後に会話域よりも高い音域で聴力低下にて耳鳴り持ちになり、脳過敏と診断され、医者に音楽聴いて脳をならすこと、しかし、過敏に影響あるから、映画館やカラオケは過敏、つまりは耳鳴りが消えるまではいかない方が良いといわれまして。 耳鳴りもちあとでもすぐに、毎日、仕事でヘッドセットを使っており、転職は来年までは動けずで、毎日聴力低下しないかと将来を心配してまいっています。 また、映画館やカラオケにいけず、悲しくてたまりません。 何よりも安心感をえられないので何をしても楽しめません。 毎日、電車、休憩室の機械音をきいているし、この生活を続ければ、将来の難聴が心配です。いまの仕事は好きなので、毎日怯えながら仕事してるのも、悲しいです。 聴力低下を気にせずに、病気もそうですが、その時に対処すればいいと、構えられたら楽になるんですが。 また小説を書くのが好きなのですが、音楽でイメージをしてるので、耳がこれだとやはり、なかなか楽しめません。 どうしたら、自分は大丈夫。なにかあっても大丈夫と思えるんでしょうか。 最近は自棄になり、八つ当たりしそうになります。
田辺寿夫
こんにちは。 過敏症による耳鳴りは、なかなか消えないものです。 バンドをやっていたときの耳鳴りは気にしていなかったので、 直後にもイヤホンで音楽聞いていました。 翌日も耳鳴りしていたりしましたが、気にしませんでした。 数年後にパニック障害を患い、いろんな神経が過敏になってしまい、耳鳴りも起こったため、念のため聴力検査を受けても異常は無かったです。 それから21年、ずーっと耳鳴りはしたままですが、 映画もカラオケも楽しんでいます。 耳鳴りが気にならないときもあります。 予期不安が起こってしまっているなら、内科でも抗不安薬は処方してくれますから、我慢せずに服用したほうが安心できますよ。 やりたいことや好きなことを我慢していると悪化してしまうものだと僕は思っています。 自分の気持ちを大事にして、やりたいことや好きなことをやったほうがいいですよ。 過敏症による耳鳴りがあって大きな音を聞いたからと言って、 難聴になることはないです。 楽しい時間を作って気持ちを楽にしていけば大丈夫という気持ちも出て行きますよ。


回答者:田辺寿夫

みんなの相談 質問者
最近耳鳴りがひどいです。高2女子です たまにあるのですが、寝る前に突然耳鳴りがしはじめ、しかもその耳鳴りの音がだんだん大きくなります。この前は耳が耐え切れないほど大きな音になって、 最終的に破裂音がして、やっと耳鳴りが終わった、ということがありました。 また、昨日のことですが、母が私を呼ぶ声が耳元でずっとしていました。(幻聴です) これは何かの病気でしょうか? 最近ストレスがたまっていて、そのせいだと言われることもあるのですが、ほっておいても大丈夫でしょうか?
田辺寿夫
耳鳴りが、だんだん大きくなるんですね。最後に破裂音で終わる。 よくある耳鳴りとは違いますね。 お母さんの呼ぶ声は静かでしたか?せかすような呼び方でしたか? 静かな呼び声であれば、お母さんに話したいことを話せていないのかもしれませんね。 せかすような声で呼ばれていたのであれば、お母さんの厳しさが辛く感じているのかもしれません。 精神的疲労が溜まっていて脳が危険であることを知らせてくれていることは確かだと思います。 いまの教育は競争を強いるものが多く、学校の友達も敵と思えてしまうほど、 気持ちの休まらない窮屈な状態の中で頑張り続けなければならない。 真面目で頑張り屋さんほど、精神的疲労は溜まりやすくなってしまいます。 精神的疲労からくる不調は対人関係が影響していることが多いです。 子供のころから「早くしなさい!」とか「何でできないの!」などと 厳しい指導をされてしまうと、ヒステリックになりやすく、 精神的にも過敏になりやすくなってしまいます。 戦いのイメージが多くなり、勝つか負けるかの意識が強くなっていきます。 7歳くらいまでは自分の親から、それから先生や友達の親など外の大人たちから 影響を受けて、指導の受け方、指導の仕方を学び、 13歳くらいまでに一応自立した自分を作り上げます。 それから難問にぶつかるごとに、自分の対応を改善していきます。 子供のころの周囲の指導者と自分の関係はいかがでしたか? 頑張りすぎることがクセになっていませんか? http://www.egogram-f.jp/seikaku/sin-d.htm ↑エゴグラムという自己分析です。 分析よりも気になる質問を書き出すことが重要です。 質問の中で、直したいと思う項目を書き出してみてください。 (実際のエゴグラムの質問を例にして説明すると) 会話で感情的になることは少ないですか?という項目に、 現状の答えは、はいだけど、いいえと答えられるように成りたい。 というように、回答に悩む項目を書き出していきます。 書き出した項目を読んでいると、どんなことに気をつければいいか、 明確な目標が見えてきます。 明確な目標を紙に書いて、毎日読み上げていると、効果は大きくでます。 数ヵ月後にまたエゴグラム分析をすると、結果が変わっていて、 自分の変化に気づけます。 無理せずに続けられる自己啓発の方法ですので、 ゆっくり、じっくり、やってみてください。 嫌なイメージが頭から離れないときは、イメージの中で電車に乗って 景色を眺めるようにそのイメージを見てみます。 電車が通り過ぎれば景色は変わりますから 自分の好きな景色を描いて、そこに降りましょう。 後方に嫌なイメージが残っていても、そのうち消えちゃいます。 自分は一番の自分の味方でいてあげてください。 頑張り過ぎないようにしてくださいね。


回答者:田辺寿夫

みんなの相談 質問者
理屈で詰めで進む一人ディベートをしてしまう癖が最近酷くなってきて辛いです。何かの病気でしょうか? 真面目な質問です。 今年高校を卒業したのですが、 高1の頃は、読書中に『ここの格助詞は「が」より「で」の方が適切なのではないか?そもそも「が」を用いるのは間違いではないのか』等と妙に日本語の書き方に拘っていました。 (今でも文法を少し見ながら読書などをしてしまいます。肝心なのはそこではないと分かってはいるのですが。中学生の頃はただ話に没頭出来ていました) そして、高2の頃から物事の細かなことなどを理屈で追求するようになりました。 といっても、その理屈詰めで考えたところで実際に役立ったと思ったことはありません。内容もくだらないことが多いです。数学も解き方でなく公式を考えてしまいます。成績悪いです。 しかし、役立つ役立たないは関係なしに感情論だと納得がいかないし、モヤモヤするから論理を追求する理屈で考えてしまうのです。 高3の頃は、少なくとも、1週間に1回は もしこういう口論が起きたら、どのような理由で非はどちらにあるのか?等ということ主として考え、一人では分からないことが多く、ここで前まで利用していたIDの方から質問していました。 そもそも何故、何がきっかけでそのような事を考えるのかというと… 動画サイト上のコメントでの主張や口論を見たり、現実世界で知人と話して訳の分からない主張をされたとき、他人の会話(喧嘩腰)を耳に挟んだときに、「今の場合なら、こうこうこういう理由でこっちが悪いんじゃないかな」ということを考えてしまうのです。 そして、そこから勝手に僕一人でその相手をイメージし(相手をイメージしないで自分の中で自問自答することもあります)、その相手と議論のシミュレーションをしてしまうのです。 そしてその議論は中々収束しません。 議論内容を挙げますね。 これは今日のことでした。 どうしてこんなに辛いのに何でも論理で追求したくなるのだろうと思い考えたことがきっかけで始まった一人議論です。 「感情論より論理を重視するのは何故?論理的に説明してくれ」 『感情というのは個人の都合や欲求などが入り混じってくる。それに対して論理は、一人の都合で動くことはなく合理的だから。全てが感情で話が進んでしまえば皆私利私欲に走り、秩序はなくなるのに対して論理は、秩序を作るから』…など 他には、未だ自分の中で結論が出ないものを挙げると…
飯野哲夫
おめでとうございます。 哲学者の道を歩みだしているようですね。 あるいは、言語学者でしょうか? 対人能力バッチリのようですから、大丈夫です。 「どうしてこんなに辛いのに何でも論理で追求したくなるのだろう」 その辛さ、楽しさと両立しているのではありませんか? 議論好きな人が集まる場所を探したり、参加したりすれば、質問者様がスゴイのか、普通なのか、駆け出しレベルなのかわかるのでは? 一人でディベートしているから不安に感じるのだと思います。 一人でする段階は過ぎて、次のステップへ進めというサインかもしれませんね。 そうすると、結論の出ないものにあっさり答えが出たり、あるいは新しい問いを得て苦しんだり( 楽しんだり )するかもしれません。 さて、一般的に相反するとされる感情は、両立するのだろうか? こんなのは面白い問いでしょうか? それともつまらない問いでしょうか? ありがとうございました。


回答者:飯野哲夫