時間と苦楽の関係 カウンセラー熊山達也の平和を感じる『純粋な意識』 | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景
 
時間と苦楽の関係 カウンセラー熊山達也の平和を感じる『純粋な意識』
2016/05/19
心の充実

時間と苦楽の関係

 

 時と感情

 

 

私たち人間は、楽しい時、時間が過ぎるのが速く感じます。

 


私たち人間は、苦しい時、時間が過ぎるのが遅く感じます。

 

 

楽しい時、時間が過ぎるのが速いのは、

やりたいことがいっぱいあるからです。

 


時間が過ぎるのが速い=時間から解放されている

=「いま、この瞬間」に100%没頭して生きている状態と言えます。


 


苦しい時、時間が過ぎるのが遅いのは、

やりたくないことがいっぱいあるからです。

 


時間が過ぎるのが遅い=時間の罠にはまっている

=「過去と未来」という幻影に囚われて生きている状態と言えます。

 

 

過去にとらわれる女性

 

 


では、苦しい時、時間が速く過ぎるようにするには、どうすればいいのでしょうか?・・・

 

 

 

 

苦しい時間を短く集中して楽しい時間にする

 


まず、「短時間単位の目標」を設定します。


例えば、「10分間の目標」を設定し、
それを達成することだけに意識を集中させます。

 

それが終わったら、次の「10分間の目標」に集中します。

それが終わったら、また次の「10分間の目標」・・・・・

 


これを、たったの6回繰り返すだけで、あっという間に1時間が過ぎてしまいます。

 

ジャンプ犬

 

 

このように「短時間単位の目標」を繰り返すということは、

「いま、この瞬間」に集中して生きるというトレーニングになるのです。

 


そして、このトレーニングを繰り返し行っているうちに、

自然と「楽しむ」という感覚が、後からついて来るようになります。

 


なぜなら、短時間単位で達成感を何度も味わうことができるからです。

 

 

「いま、この瞬間」に集中して生きる習慣を身につけることができれば、

自分の生活の主導権を握ることができ、人生で迷うことなく、

充実した毎日を生きることができるのです。

 


そして、楽しみながら、人生の目標を達成することができるでしょう。

 

 

「いま、この瞬間」を生きましょう。

そして、あなたの人生に「幸せな物語」を創造して下さい。

 

 

 熊山達也

上級心理カウンセラー 熊山 達也

 

このページをシェア
 

現在63名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 
時間と苦楽の関係 カウンセラー熊山達也の平和を感じる『純粋な意識』
時間と苦楽の関係 カウンセラー熊山達也の平和を感じる『純粋な意識』

2016/05/19
心の充実