頭の中のノート | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景
 
頭の中のノート

頭の中には、いつも何か書いてあるかのように思い続けることがありますよね。

 

明日の予定。

少し先の約束。

今日の出来事。

いまの気持ち。

 

いろんなことが頭に浮かんで何かに刻まれているように、

忘れたり思い出したりを繰り返しているものです。

 

これを頭の中のノートとしましょう。

 

今日のページと過去のページと未来のページがあります。

どのページをめくって書いてあることを読むのも、

新しく書き込むのも自分次第です。

 

 

頭の中のノートをイメージしてください

 

頭の中のノート

 

今日のページには何が書いてありますか?

 

今日は○○が出来なかった。

今日は○○の言葉に傷ついた。

今日やり切れなかったこと、いつ出来るかな?

 

上記のような感じの言葉がよく浮かんできてしまうとしたら、

過去のページも同じようなことが書いてあると思います。

未来のページには、きっと、上手くいかないんだろうなぁ。

などと、気持ちが重たくなってしまうことが書いてあると思います。

 

人間の思考というのは、自己防衛反応の働きにより、

傷つくことや、上手くいかないだろう。というマイナス思考が、

かなりの割合を占めていると言われています。

 

期待して裏切られたり、自信を持って望んで失敗すると、

精神的ダメージが大きくなってしまうためなんです。

 

確かにマイナス思考で覚悟をしていれば、

傷つくことは少ないかもしれませんが、同時に、

上手くいかなくなってしまう確率も高まってしまいます。

「やる気」も「前向きさ」も減ってしまうでしょう。

 

 

今日のページを書き換えてみましょう

 

日記

 

今日のページにマイナス思考が多く書かれていると感じたら、

消しゴムで消して、今日の自分を認めることを書いてみましょう。

 

認めることなんかない。という人が非常に多いですが、

どんなことでもいいので、何か自分を認めることを探してください。

 

例えば、

今朝は寝坊しなかった。

残さずご飯を食べれた。

疲れてたけど頑張って一日乗り切った。

苦手な人と話すことができた。

 

何か一つでも自分を認められることを書いてみると、

いくつか他にも認められる自分が見えてくるものです。

 

ノートに書いたことは残っていきます。

明日になったら、昨日のページとして、

自分を認めたページを読み返してみましょう。

 

 

頭の中のノートの不思議な働き

 

今日のページを書き換えていくようにしていくと、

未来のページに前向きなことが書かれていくようになっていきます。

 

ご飯を美味しく食べている自分。

気持ちよく前に進んでいる自分。

周囲の人達と楽しく話している自分。

 

今日のページが変わると未来のページに影響を与えるんです。

 

未来

 

今日と未来のページが変わってくると過去のページに書かれていることが、

そんなに重要ではないように感じられるようになっていきます。

 

過去のページに出来なかった自分のことが書いてあっても、

あの時は出来なかったなぁ。と思えるようになり、

次は、こうしたら出来るんじゃないかな?という提案を、

自分で書き添えることが出来るようになります。

 

 

抱えている不安も変わっていく

 

未来

 

根強く不安が消えないことも少なくないでしょう。

前向きに成れたのに、どうしても不安が消えない。

どうしたらいい?

こんな質問も今日のページに書いてください。

 

不安に思っていることは何?

どうしたら不安が減る?

など、内側から質問の文章が浮かんできます。

 

○○が怖い。

何をしたら怖くなくなる?

薬を飲んだらいいかな?

じゃぁ、薬を飲んで行ってみよう。

 

このように頭の中のノートに、もう一人の自分?

その他の何か?が不安を解決する方法を考えるために

参加してくれるようになります。

 

あとは未来のページに、やってみよう!と書いて、

やってみた結果を書いていけばいいんです。

 

不安だったことが、大丈夫だったと書ければ最高ですね。

前ほど不安ではなかった。というのも素晴らしい進歩として、

自分を認める言葉で書いていきましょう。

 

大丈夫だったという言葉を書き続けていけば、

未来のページに、もう大丈夫と書かれていくようになります。

 

いずれは、過去のページに、頑張っている自分のページとして、

はなまるを、してあげたくなるはずです。

 

 

頭の中のノートがいっぱいになったら、記憶という本棚にしまって、

新しいノートに変えましょう

 

本棚

 

新しいノートには、どんなことを書こうかな?と、

期待と前向きな気持ちで向かえるはずです。

 

難問にぶつかってしまった時は、

記憶の棚から以前の自分を読んでみると、

以前の解決策から、打開案を見つけることができるかもしれません。

 

頭の中のノートを上手に活用して、

期待と前向きな言葉をたくさん書いていきましょう。

 

  

 メンタル心理カウンセラー 田邉寿夫

このページをシェア
 

現在65名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 

おすすめ記事

 
頭の中のノート
頭の中のノート

2016/10/16
こころの仕組み