幸せな子どもが育つ「ご機嫌な家庭」のつくり方 自己紹介と妻との馴れ初め | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景
 
幸せな子どもが育つ「ご機嫌な家庭」のつくり方 自己紹介と妻との馴れ初め
2017/02/26
夫婦

自己紹介


僕は1980年12月生まれの36歳、妻は3つ年下の33歳です。

出会いは2005年、僕が大学を卒業して3年目の24歳の夏、新卒で入った会社を2年で辞めて、 実家に帰り、

「自分の軸」を探し求めて悩んでいた時期にさかのぼります。

「NGOで働いている人ってどんな想いで働いているんだろう?」と思って関わり始めた「ピースボート」に、

妻は大学4年の夏休みを利用して、2週間の船旅に乗る計画をしていました。

僕は、ぶっちゃけあまり「地球一周の船旅」には興味がなかったので、

「日本人と韓国人が250 人ずつ乗る2週間のショートクルーズ」の存在を知った時に、

「地球一周の船旅より、こっちの方が面白そう!」と思って、乗船を決めました。

そして、出港10日ほど前に、高田馬場にあるピースボートセンターで開催された「ボランティア・スタッフ・ミーティング」で、

初めて出会いました。

会った当初から、「頭の良さそうなかわいい子だな」とは思ったのですが、話をしてみたら、 実家が同じ春日部市内、

しかも、僕の妹と高校が同級生だということが判明!

そして船旅期間の2週間、2人して「船内新聞作成担当」や「運動会実行委員」を務めたことから、

毎晩、夕食後から翌朝7時頃まで打ち合わせや新聞作りをしながら過ごす日々。

船酔いがひどい妻に寄り添ってデッキで語らって過ごす時間が多かったので、2人の関係は急接近し、

日本に戻ってしばらくしてからお付き合いをすることになりました。

そんなこんなで、出会ったのが2005年でした。

日本に戻ってからは、僕は「教師になる!」と決意して、教員免許取得の勉強を開始。

塾で教える一方で、学校で先生方の支援助手や不登校の生徒が通う相談室の指導員を務めていました。

「子どもたちが、よりその子らしさを発揮できるような教育をしたい!」と理想に燃えていたのですが、

2008年に、ひどいうつ病になってしまいました。

「公教育の限界」を感じ、「もっと自由な教育がいい」と思いながらも、

「学校という秩序の 中で、それをやるのは難しい」と思ってしまったことが原因だったのかなと思いますが、

土日はほぼ寝たきり、平日は仕事には何とか行くけど、黒い幕がかかったような状態で過ごすようになりました。

大好きだった本も全く読めなくなってしまった僕に対して、

「あなた、絶対うつ病だから、病院に行こう。私も一緒に行くから」と精神科に連れて行ってくれたのが当時の彼女、今の妻でした。

そんなこんなで、うつ病のしんどい時期を乗り越え、多少体調のよかったある日、

「この病気 が訴えかけているものは何だろう?」とふと思いました。

「教師にはなるなってことだな」という結論に達し、教師になるのはやめ、「次は何をしようか?」と考えた結果、

僕が出した答えは、「田舎に行く!」というものでした。

そして、2009年4月から、新潟の離島・粟島(人口350人の日本で4番目に小さな村)に「緑のふるさと協力隊」というボランティア事業で、

派遣されることになりました。

一方、妻(当時は彼女)は埼玉・春日部に置いてけぼり状態で、遠距離恋愛をすることとなりました。

しかし、妻は、その1年間で合計2ヶ月分くらい、粟島に来てくれて、島の人とも馴染んで、

「2年目も粟島に残る!」と僕が勝手に決めてしまったので、2010年3月に結婚して、

4月から、島での新婚生活がスタートしたのでした。

「幸せな結婚生活が始まる」と期待していたのもつかの間。 予想もしなかった、大変な新婚生活がスタートしたのでした。

 

 

西畑良俊

 プロコーチ 西畑 良俊

このページをシェア
 

現在63名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 
幸せな子どもが育つ「ご機嫌な家庭」のつくり方 自己紹介と妻との馴れ初め
幸せな子どもが育つ「ご機嫌な家庭」のつくり方 自己紹介と妻との馴れ初め

2017/02/26
夫婦