不安な気持ちになってしまった時 | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景
 
不安な気持ちになってしまった時

 

 

 
ここ最近続けて、「不安」ということで悩んでる方のカウンセリングをしました。


「不安」という感情は、淋しい・悲しい・辛い・苦しい等とは少し形が違います。


淋しいとか悲しいとかそういった感情は現在感じている「今」の感情。


不安とは、これから起こるであろう未来に対するネガティブな感情です。


”この先自分はどうなるだろうか?”
”この道で合っているだろうか?”
”これから大丈夫だろうか?”等々


もちろん、生きていれば「不安」という感情に襲われることは誰でもみんなあります。


ただ、「不安」というのは、まだ起こっていない未来に対して抱くネガティブな気持ち。
 
 
そうなんです、まだ起こっていないということは、ただの「幻想」なんですね。


「不安」を抱えている時、その人は「今ここ」に居ないんです。


心も魂も幻想の中の未来に飛んでしまっている。


そうすると、自分の心の声もリアルな感情も聞こえなくなってしまいます。


現在の自分の状況すら見えなくなって、正しく判断できなくなってしまうんです。


そして、もっと混乱してしまい「不安」がまた大きくなる。



そんな時は、未来に飛んでしまった自分の意識をちゃんと「今ここ」に戻してあげて下さい。


「今ここ」に居る自分の身体を感じて、「今ここ」にちゃんと意識を戻してあげる。


”今、自分はどうしたいのか?”
”今、自分は何を感じているのか?”


「今」の自分の心の声をしっかり聞いてあげて、「今」自分が本当に望むことの声をちゃんと聞いてあげて下さい。



「不安」とは、ただの幻想。


「今ここ」に居る自分の感情を一番大切にして、その心が望む選択をする。


そして、そんな風に不安になってしまった自分を許してあげて下さいね(^-^)
 
 
 
 
 
心理カウンセラー 岡田沙織
 
 
 
執筆者
 

岡田沙織

 NPO法人若者メンタルサポート協会 理事長

 

1973年2月生まれ

幼少期から波瀾な人生を送り、両親の離婚・孤独な幼少期・小3でリストカット・いじめ・ドラッグ・自殺未遂・15歳で水商売・暴走族・家出・レイプ・DV・刺青・離婚・うつ病・生活保護・父親の裏切りetc、その他数々の経験をする。

幼少期からの波瀾な人生経験を活かし、若者の自殺防止をメインとした活動を行なう。
リストカット・虐待・不登校など生きづらさに苦しむ若者から、子育てに悩む親御さん、恋愛や結婚問題などで悩む方まで、日々全国からの相談に対応している。

このページをシェア
 

現在65名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 

おすすめ記事

 
不安な気持ちになってしまった時
不安な気持ちになってしまった時

2017/02/27
カウンセリング