どんな未来がイメージできるかで、やる気も結果も変わってくるもの | メディア|カウンセリング/コーチングサービス ボトルボイス

 
検索
Share..
 
  ロゴ スマホ検索ボタン
ロゴ お問い合わせ カウンセリング みんなの相談 コラム
ローディング スマホメニュー背景1 スマホメニュー背景2 PCメニュー背景
 
どんな未来がイメージできるかで、やる気も結果も変わってくるもの

昨日はサッカー日本代表の試合で盛り上がりましたね。

 

これから来年6月のワールドカップ本番に向けて

「このチームにいても、試合に出られない」と思って

移籍して違うチームで試合に出ることを目指す選手も出てくるのではないでしょうか。

 

試合に出られなくとも、成長できると感じたり、

仲間をサポートすることに価値を見いだせるなら、そのまま頑張る人もいるでしょう。

スポーツ選手は、このチームでの自分の未来を考えて移籍するか?残るか?

という重要な判断を決断するのでしょう。

サッカー

 

未来の結果から“いま”を見つめ、考えてみたときのことを、今回は少し補足したいと思います。

未来のことを考えて今の判断をするというのは

スポーツ選手に限った話ではありません。

 

サラリーマンが仕事をする中でも、

つらい時、苦しい時に未来のことを考えられるかどうかは

モチベーションの大きな違いとなるのです。

 

・いまの出来事はどんな意味を持っているのか?

・つらさやしんどさを超えた先の未来に、合格、達成、充実……といった結果が待っている。

こうした2つの事だけを意識してしまうと、つらくても、苦しくても我慢せよ。

そういっているように思われる方も、もしかしたらいるかもしれません。

ですがそれは、何でもかんでも我慢せよ、ということではありません。

 

たとえば10年後の自分は、

「こんなこと( 仕事、勉強、その人との関係など )はしていないはずだ」

と思うならば、それは辞め時かもしれませんし、

 

すぐ辞められないならば「終わり方」を考えていくべきなのかもしれません。

いまの状況が続いていく先に、明るい未来が無いとするならば、別の未来を選ぶことは自然なことでしょう。

未来とは“いま”が続くその先にあるものです。

その先に得たい結果が待っているならば、

いまのつらさやしんどさとは乗り越えていけるように思えるし、

ときには得たい結果に励まされることだってあるでしょう。

 

得たい結果にはきっと、あなたが大事にしているものがあるはずです。

 

自分の信念を貫く、大事な人の思いにこたえる、大金を得る、名誉を得る、

うれしい、充実していると思える……

 

実りの秋

 

 

 

未来があるから今のつらさを頑張れるもの

いまのつらさやしんどさと向き合い続ける先に何もないとしたら、

それを続ける意味を見いだすことは難しいのではないでしょうか?

上司に毎日怒られ、やり直しさせられ、なかなか結果が出てこない。

でもこれって、よくあることです。

書類や対応、やり方が間違っていたらトラブルになるし

損害も発生するかもしれませんから、やり直しさせます。

 

何度もおなじことがあれば、人間ですからムッとすることだってあるでしょう。

 

そしてその上司にだって、新人とおなじ立場のときだってあったはずです。

生まれたときから、入社したときから上司の人がいるでしょうか?

 

いませんよね(笑)

 

たった半年か1年で、指示、指導する上司のレベルに追いつけるとしたら、上司の意味とは何でしょうか?

 

ですが人間は慣れていきますし、学習していきます。

だんだんやり方に慣れ、上手く対応できるようになり、いつもと違うことにも応用が利くようになってきます。

 

そうすると当然、上司の関わりは少なくなってくるでしょう。

指導する必要がなければ指導はしませんし、怒る必要がなければ怒らないものです。

 

指導する時間で別の業務や別のお客に対応できます。

怒ることが楽しいとか、生きがいだから怒るんだ、という人は一般的には考えにくいです。

 

新人からしたら、

「上司の関わりが少なくなり、自主的に仕事ができるようになっていく」

ということは1つの未来でしょう。

 

給料が上がるとか、出世していく、偉くなっていくということの場合もあるでしょう。

こうしたことがイメージできるなら、それは明るい未来の可能性が先にあるということです。

 

けれどもイメージできないならば、別のことの方が向いているかもしれないし、

その環境に本当に嫌気がさしているのかもしれません。

「どんな未来がイメージできるか?」とは、大きな目安で、判断のよりどころになります。

楽しい、明るい、良い……そんな未来がイメージできることとは、モチベーションも上がるものです。

 

けれども”いま”だけでなく、未来もつまらなく、暗く、悪い……

あるいはまったくイメージができない。

 

そんな状態だったら、やる気も出ませんし、効率も悪く、

上手くいかないことが多くなっても、仕方がないことではないでしょうか?

 

飯野哲夫

コーチ 産業カウンセラー 飯野哲夫

このページをシェア
 

現在65名のカウンセラー/コーチが
あなたの相談を待っています。

今すぐ相談をする

 

おすすめ記事

 
どんな未来がイメージできるかで、やる気も結果も変わってくるもの
どんな未来がイメージできるかで、やる気も結果も変わってくるもの

2017/10/10
こころの仕組み